モノラルHPへもどる

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2010年11月21日

稚心を去る。

こんばんは。


いつも、夜中に更新して申し訳ございません。

お店の片付けが終わり、更新中です。


真面目(まじめ)という言葉を違った角度から見ると、

『真』の『面目』という言葉になります。

誰しもが、真の面目があるはずです。

真の面目で、語り合うことが、大人である私たちには必要なことがあります。


大人として、11月23日、真の面目で語り合いたいと思います。

まだまだ、人前に出てお話しできるような人間ではございませんが、

積極的に、様々な事を学び続けたいと思います。


さて、

皆様は、橋本佐内という方をご存知でしょうか。


福井藩出身の藩士で、若くして学問を習得し、

18歳で、藩医になり、

21歳のときに、江戸に遊学した際に、

西郷隆盛、藤田東湖などと交友。

その後、藩政改革に携わり、統一国家を構想し、奮起しました。

開国か、攘夷か で揺れる時代の中で、

開国の必要性を訴えていた佐内は、危険人物とされ、

26歳のとき、安政の大獄で吉田松陰と共に刑死された人物です。


この方は、15歳の頃に、【 啓発録 】という書物を書き残しておりまして、

そこに、

【 稚 心 を 去 る 】ということが書かれているのであります。



稚心とは、おさな心のことであり、

すなわち子供じみた心である。

親に隠れて、遊びに熱中し、甘いものを貪り、

怠け楽な方へと流される。

それらは子供だから許されることであり、

13、14歳といった学を志す年齢になって、

その気持ちが少しでも残っていようものなら、

何をしても上達しないし、

天下第一等の大人物にはなれる筈もない。

立派な人物になるためには、第一番に

稚心を去らねばならぬと考える。



【 啓発録 】のはじめに、

稚心を去ることの重要性を説いています。

15歳とは思えない、

大人である私にとっても、大変反省させられる内容です。

この、稚心(ちしん)を去るということを、

改めて今、考えてみたいと思うのでありました。


というのも、まずはじめに、

今の世の中において、自らの責任で行動したり

発言をしたり、決断をするようなことが避けられているような氣がするからです。

責任回避、他力本願、お金に頼ったり…、

社会の中で生きているということは、自分自身に責任を持って、

貢献することが求められています。

なぜならば、私たちの豊かな暮らしは、多くの他者のお陰で成り立っているからです。

一人ひとりが、稚心を去り、自分自身に責任を持って行動できるように

学んで生きたいですね。


橋本佐内は、15歳の頃、

これからの人生の戒めとして

「稚心を去る」…子供じみた心を取り去る

という事のほかに、

「辰 気」    …常に氣力を養う


「立 志」   …常に向上心を持つ


「勉 学」    …勉学を怠らない


「択 交 友」  …自分を戎めてくれる友人を持つ


という事を書き記したそうです。

西郷隆盛さんは、【 尊敬できる最高の友 】と言われていたそうです。


精神的にも、経済的にも、自立し、責任ある自分自身になれるように、


その昔、15歳の橋本佐内青年に見習い、

日々、学びたいと思います。




  

Posted by ケースケ at 02:12Comments(0)あかるいひとりごと