モノラルHPへもどる

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2010年12月30日

写真とか、動画とか。




こんにちは。

ハリウッドと言う街を後にして、

アメリカに移住されて20年経つというお知り合いのファミリーのお宅にお世話になっています!

先日の、テンツクマンさんの講演会のときに知り合ったばかりの方です。

本当に感謝です。


いろいろと、更新できていませんが、

帰ってから、整理しますので、

とりあえず、写真をアップしておきます。




ジョニー・デップとツーショット!




空母艦 ミッドウェイと、シイケイスケ!
サンディエゴ



アメリカの消防車


アメリカの国境警備隊


ここを通過してメキシコへ入国(メキシコは入国審査なし)(アメリカは入国審査あり)


メキシコは、アメリカとは全く違っていた。その詳細は後日。



サンタモニカの夜のパフォーマンス!

「陽さんに、おみやげ動画です!!」

  

Posted by ケースケ at 16:50Comments(2)あかるいひとりごと

2010年12月22日

スピリチュアリティーな出逢い。 キーワードは、ラーメン。

こんにちは。

雨が続く、ロサンゼルスより更新します。

只今の時間は、21日の夜8時です。

時差17時間です。

昨日は、ダウンタウンにある、リトル東京に行って来ました。

想像以上に、おもしろかったです。

ラーメン食べたり、日本食売ってるスーパーに行ったり、

日本の書籍が売ってる書店に行ったり…

ロサンゼルスの小さな日本がありました。

二宮金次郎さんにも会えました。



昨日は、リトル東京にある教会跡の映画館で

てんつくマンさんの『天国はつくるもの107+1』の上映会と講演会があったので、

行って来ました。

場所が全く解らなかったのですが、

その場所だけ光って見えたので(笑)

行って見ましたら、間違いなくそこでした。


映画の内容は、

いろいろな、テーマが取り上げられているドキュメンタリーで、

挑戦すること、命の大切さ、地球のこと、

仲間のこと、成長すること、平和のこと、

家族のこと、いろいろ感じることがありました。

素晴らしい使命を全うされている方で、とても学ぶことが多くありました。

最後に、質問などの応答があって、

会場のお客様の中で、とてもスピリチュアリティーな質問をされる方が居て、

僕は、その人が言っていることが、スゴク理解出来る内容の質問だったので、驚きました。

しかし、あまりにも、次元の違ったスピリチュアリティーぃ~♪な質問だったので、

会場中が冷ややかな空気になりました(笑)

さすがのてんつくマンさんも、何を言っているの?と言う表情をされて…

ご返答は、スピリチュアリティーなお話ではなく、

話は、違った展開で進んでいきました。


全てのプログラムが終了後、質問をした女性に話を伺ったところ、、、


ご飯を食べに行くことになり、

その方が、『ラーメン』でイイですか???と言ったので、



一瞬、



固まって…




「ラーメン・・・」ですか、イイですよ~(苦笑)


と話を足を進めました。



そのとき、僕は、

『あ。、、、この人に会うためにLos Angelesに来たんだな。』と言うことが、解りました。


なぜかと言うと、


昨日の夜から、僕は、『ラーメン』と言うキーワードが頭の中にあって…


その日、夜に、ラーメンと言うキーワードが離れなくて、

ついつい、ラーメンを食べました。


そして、次の日の昼、リトル東京で、ラーメン屋さんを通りがかったとき、

つい、ラーメン食べてて・・・


食べた後に、

『あ、昨日の夜も、ラーメンだった。』と、気づいて…(笑)


「なんか、ロスに来て、ラーメンにでもご縁があったかな???」


なんて、想っていました。



さらに、その日の夜に、「『ラーメン』でいいかな?」と言われたので…


「あ、俺は、この人とラーメンを、

 この時に、食べる予定だったんだ」

と、解りました。


んで、

ラーメン屋さんに行って、ラーメンではなく、

カレーライスを食べました。(笑)


そしたら、その方も、ラーメンをキャンセルして、

カレーライスを食べていました。

(笑)


そして、驚いたことに、その方が、僕にお手紙をくれました。

宛名は、「てんつくマンさんへ」と書いてあるところを、

横線で消して、啓祐さんへと書き換えられました…。



「これは、てんつくマンさんにお渡しするつもりでしたが、啓祐さんにお渡しさせてください。」



と、あっさり言われて、その手紙の内容や、

質問の内容などをお伺いするうちに、


話がどんどん深くなってきました。


深くなればなるほど、その方も、ご縁があったことを理解され、

スピリチュアリティーな次元の違う質問を、

意識に後押しされて、ついつい発言してしまった、と言われておりました。



しかし、その意味を感じておられました。

もし、その方が、あの質問をしていなかったら、

僕もお声を掛けていたかどうか解りませんから、

意味あってのご質問であることは、僕にとっては間違いのないものでした。


会場付近から、30分程離れているホステルまで送っていただき、

車の中でも、会話が途絶えることがなく、

今度、その方のご家族のお家へ泊めていただくことにもなりました。

旦那様と、9歳のお子様がいらっしゃるそうで、とても楽しみです。



僕は、日本に居た時から、誰か?までは解らないにしても、

どなたか?にお会いすることを自覚していました。

なので、この方とお会いして、出逢わせていただいた事の意味を深く感じました。


人生と言うものは、おもしろいなぁ~とつくづく思いますね!

そして、今後、どういうものを経験させていただけるのか、

とても楽しみです!!!


長くなりましたが、ロサンゼルスへ来た意味を、毎日実感してます!

また、ご報告させてもらいます!!

有り難うございます。




光っていた会場


移動手段は、これ。


アメリカでコークといえば、コッチ。


リトル東京にある日本系のスーパーで見つけた、
メイドインMIYAZAKI!!!


  

2010年12月20日

『 呼ばれて、導かれて 』 in Hollywood

おはようございます。

こちらは19日、午後3時です。

週末はずっと雨。

ホステルのインターネットの調子も悪くて

昨日は、スタバで本を読んでいました。



小さな違いが、とても刺激的で、

いろんな人種、いろんな考え方の人がいて、

耳に入ってくる音、目に見える物、

本当に、刺激されています。


なんと、今日、5日ぶりに日本人と話たのですが…!!!!!


!!!


宮崎人だった。(笑)



こんなこともあるもんだな~と、お互いにお話しました。

お会いした彼は、21歳で、都城高専に通っているらしい。

(出身は鹿児島の末吉らしいですよ)

1年間、シアトルで語学勉強をしていると言っていました。


彼と出会う寸前、

激震が走って、急に飲み物が欲しくなって、

たまらず…速攻で

自動販売機に行ったんですよ。


そしたら、彼が英語で、

『一ドル札持ってますか??』と言うので、

『持ってません』

というところから、

日本人ですか?となった訳です。

まさか、宮崎県民と逢うとは…驚きました。

彼と、少しの時間、将来について語る事ができました。

アメリカに来て、感じていることなどをお伺いしました。

お互い、共通して、日本と言う国や、

それぞれの地域を佳くしたいですね!と、語りました。


出逢いと言うものは、本当に分からないものですね!



とてもありがたい機会に心から感謝です!!


ロサンゼルスで過ごす時間も、いろいろ見つけ出すことが出来るようになりました。

積極性だけは失わないように…と思っていても、

相手の言葉が解らないのに、申し訳ないな…と、

話しをためらう自分がいたりして…

成長させてもらっていますよ~☆


ブラジル人の友達が出来たんですが、

彼の名前を聞いたときに、

驚きました。


『アンドレ』


(笑)


彼は、僕をすごく助けてくれるし、外食や、遊びに誘ってくれます。

4年後のブラジルワールドカップに、絶対行くぞーーー!!!!オウ!


彼は、お姉さんとハリウッドに来ていて、家族はアリゾナでバケーション。

とても素晴らしいファミリーなんですよ。


ブラジルという国は、日本とのご縁も多大にありまして、

彼らも、日本に興味があるそうです。

僕は、ブラジルと言う国に興味があります。

本当に見習うべき部分がたくさんあります。

18歳なのに、僕よりも年上に見えるハンサムなアンドレ。

彼は、『経済を勉強している』と言っていました!!!

将来は、ブラジルの経済省でしょうか…。英語も堪能。

すげぇ~!!!

ロサンゼルスに来た意味を、日々多大に感じます。

僕を導く光を感じています。

それでは、また、ご報告します!!!

ハリウッドより…



米が食べたくて…




ロスは、とにかく広いので…これに乗らない手はない。

それでも、駅から駅が異常に遠い。(笑)



アメリカは、クルマ天国 そんな中でもトヨタ、日産、ホンダ、も圧倒的に多い。



ダウンタウンは、ガラの悪いお兄さんたちも多いよ(笑)



ロサンゼルス市警は、遊んでるのかと言うくらいサイレンを鳴らしながら

街中を駆け巡っている…。(そんな事を書いているたった今も、サイレンが鳴り響く街)

彼らは、スタバのコーヒーが無料で利用できる。


衣料品店…地震が起きた後か???と、思うくらい商品が散乱!

これが通常状態です!


地元の後輩KENが乗っているクルマを発見!KEN!お前のクルマがあったぞ!。

というより、珍しくないよ。



see you ~!!
  

Posted by ケースケ at 09:06Comments(2)あかるいひとりごと

2010年12月17日

THE アメリカ



みなさん、こんばんは。

こちらは、17日の午前2時30分です。

まだ、皆さんにとっての今日が始まったばっかりですね!!


昨日は、生まれて初めて、日付変更線を越えて、

10時間のフライトの末、こちらに着きました。

(気流の影響で揺れました…)

でも、そんなに長くは感じなかったですよ~

お尻が痛んだくらいだった。

船旅に比べたらあっという間ですよね~。(笑)


そんな、太平洋を挟んでの旅が、

離れているだけに

こんなにもイメージと違っていたことに改めて納得させられました。


『百聞は一見にしかず』ですので、

こればっかりは、着て見て、感じなければ分からない事が多いです。

ネイティブアメリカンが話す英語のイントネーション、リズムなども

日本で考えていた英語とはまったく違っていて…

驚きました。

何言ってるか解りません(笑)


基軸通貨である『ドル』を有する国の実情を感じられる出来事にも数々遭遇しました…。


これほどまでに、多くの人が交じり合う国はあるのでしょうか?

すでに、いろんな国の人に会いましたよ~

日本のデジタルカメラや、トヨタ、ホンダ、マツダ、日本車が目立ちます。

しかも、みんな新しい。


経済大国だけに、経済優先の社会情勢を強いられていることが不自然に思えました。

特に、『食』に関しては、アメリカは不自然に豊かすぎます。


僕は、20歳の頃からだから、約7年間、

バーテンダーという職業柄、アメリカ産のグレープフルーツを

毎日のように買い出していたのですが、

2010年に入ってから、ぱったりと、B級品以下のグレープフルーツしか見なくなったので、

ハリケーンの影響で、

今年は不作なのかなぁ~?と想っていました。


今年は、本当に、『一つも』美味しいグレープフルーツが無かったから、

不自然だと思っていたんです。


さて、皆さん、そのグレープフルーツの産地でもあるカルフォルニアに来て、

実情を見た結果はどう想像しますか?



答えは、


見事なまでの綺麗なグレープフルーツが所狭しと並べられていました。

『全部』A級品以上のグレープフルーツ ルビーです。



値段も安い。

信じられない!

日本で売られているB級品以下のグレープフルーツは、値段(100円~138円)

アメリカ、極上品 (1ドル以下)



不作でもなんでもなかったんだ(笑)


人の手によって、操作された結果、

日本では、ハリとツヤのある真っ赤なグレープフルーツルビーはみんな食べられないんだなぁ~。


残念。


だけど、日本には、グレープフルーツは要らないのかもね~。

むしろ、B級品以下のグレープフルーツは特に必要ないのかも。


僕は、たまたま、カクテルで使用するので購入してたけど、これから先、考えます。



アメリカと言う国に着て見て感じたことは、

日本と言う国がアメリカの事を考えたり思うほどに

日本と言う国自体に感心がないことでした。

それは、アメリカ人に限らず、その他の国々もそうである事は間違いないんだけど、

アメリカとの友好を意識している政府や日本人が多い割合に、

その関係が不自然である事を感じざる得ないと言うことでした。



これからは、アメリカだけでなく、

多くの国と一緒に世界のことを考えなければならない実情において、

日本は、他の国々からも一歩、二歩、三歩、と出遅れているような氣持ちで一杯になりました。



せっかく、日本には高い技術力や、世界トップクラスの製品を造る能力があるのだから、

それとともに、製品だけでなく、『これは、日本が創ったんだよ!』と言う自信と共に

お互いの豊かさを高めて行けたら良いなと思うわけです。

そんなグローバルな時代において、

アメリカは、リーダーであることの意識が自国の利益中心の考えなのですから、

そのような貧しい考え方ではなく、

お互いの恵みや、豊かさを分かち合うような国際的調和ができたらと思うわけです。


(グレープフルーツの例を一つとっても、そういうことなんですね。)


幸運にも、日本には自国で生み出す資源が限られているわけですから、

よりいっそう、自分たちの持っている才能や能力を他国に発揮し、

お互いの豊かさを享受できるような国際社会創りを中心となってしなければならないと思います。


日本人には、自分たちの創ったもののなかで

自分以外の人に出来の悪い方を渡したりする人はいませんよね。

せっかく、日本には、素晴らしい文化、才能、能力、精神性が備わっていますから、

世界から模範となるような国になることが出来ると想います。



間違いなく、世界はお互いの豊かさを発見し、

それぞれの豊かさを分かち合えるだけの恩恵を

お互いに与えられていると思います。

考えてみたら、間違いなく、そうですよね。


奪い合うのではなく

お互いが与えられている恩恵を差し出して、

お互いに豊かになれるような関係を築かなければならないと思いました。


アメリカと言う国も岐路に立たされていることを感じますが、

日本も、大変な方向転換をしなければならない事を一番に感じました。


幸い、私たちの国には多くの仲間、味方が居られますので、

その方向転換はきっと上手くいくと思います。

日本と言う国を尊敬します。

そして、ご先祖を尊敬します。

私たちに出来ることを、与えられた機会を全うしたいと想います。


ちょっと、長くなりましたが、今日は、この辺で終わります。

有り難うございました。


写真などは、こちらに用意します!  

Posted by ケースケ at 20:05Comments(4)アメリカinLos Angeles

2010年12月13日

モノラルと、2010年




こんばんは。

今日で、2010年のMONAURALの営業を終了しました。

2010年、本当に素晴らしい時間と経験とを創造する事が出来ました。

多くの皆様に心から感謝と御礼を申し上げます。

このような場で申し訳ございません。




僕は、改めて、2010年、

『モノラル』から学んだことが本当に多くあったなぁ~と

感じています。

モノラルと言うお店を創るとき、

一番に考えていたことがあったんです。

それは、

『このお店に関わる全ての人たちの、自分自身を成長させるための機会創り。』

『モノラル』と言う


店名にした理由も、

ハーモニー(調和)するまえに、

一つ一つの音が、しっかりと響くように、

まずは、モノラル(単一のマイクで収録した音を、単一のスピーカーで出力する方式)

である、一人ひとりが、しっかりと自立して、

そうした仲間で、調和できたら、佳いなぁ~って想いを込めて付けた店名なんです。


一人ひとりが、自分自身の自分らしさを見つけ出して、

自分の人生を創造していくことが、

本当の目的だから、このお店に関わることで、

自分の本当の自分に氣付いて欲しい。

そう、いつも願っています。


数名のスタッフが、モノラルに関わっては辞めて行ったし、

現在も関わっていただいているスタッフもいる。


それぞれが、それぞれの人生を創造されるために

モノラルで働かれて、モノラルで学んで、

それで、違う道を歩まれることになっても、

その人の考えを尊重していくことが大事なんだと想います。



人は、それぞれ違っているし、人は人の人生なので

何が起こるかわからない。


やっぱり、頼れるのは、自分しかいない。

だから、自分を創造する。

結局、モノラルを創った想いを、一番感じているのは、

創った本人だったりして…(笑)


まずは、僕が、経験し、体感し、

成長してこそ、

後に続く人たちが、

生まれて来るのだろうと考えています。

2010年、多くの機会を創造した、モノラルに心から感謝をします。

成長させてもらったこの機会を、2011年も育てていきたいです。

このお店を続けてこれるのは、

多くの皆様のお陰です。

本当に感謝します!




2011年も、2010年以上に、パワフルに成長していきますので、

どうぞ、宜しくお願いします!





今日、思いついた企画を一つ!

2011年!1月13日 木曜日(予定)


夜7時から、『 モノラル交流会 』を予定しています。

私、個人としては、アメリカへの旅で感じたことなどを

スライドなどでお伝えできたらと思います。

参加される皆様と、

みんなで、2011年の抱負など、適当なトークを楽しみたいです~!

参加費 1,000円 簡単な軽食付き。

参加ご希望される方は、


氏名、参加人数、ご連絡先を明記の上

keisuke-c@ari.bbiq.jpまで、ご連絡下さい。

  

Posted by ケースケ at 04:56Comments(0)あかるいひとりごと

2010年12月12日

『 呼ばれたの。 』


こんばんは。

シイケイスケです。

いよいよ…明日で2010年の営業を終了ようと思います。

今日は、スタッフが来れなかった為、一人で営業しておりました。

青島太平洋マラソンで宮崎にお越しの家族がご来店してくださいました。

そのお客様が、帰り際に、

『一人で回してるんですか?』と、不思議そうに質問されました。


『一人で回しております。』と答えると、


『満席になったらどうするんですか?』と言われたので、


『その時、考えます。』とお答えしました。

(笑)


皆様は、不思議に感じるかと思いますが、

お店を始めて6年も経つと、

『不自然なことは起こらない』と言うことがよく解ってきますので、

僕は、今日は、一人で回せるな。と感じて、自然に任せるだけです。


そしたら、やっぱり、自然に、一人でも、上手くいくものです。



不自然なことは、いつも起こりませんよ。



この世界を成り立たせている

『天地自然の力』のなかで生かされていることを理解しています。


ほんと、この力は、いとも簡単に奇跡なんかを起こしてしまうから、すごいですよね。



今日は、小学5年生の男の子が、お店に貼ってある店休日の貼紙を見て、

『アメリカに行くの???』と話かけてくれました。

『そうだよ~』

と言うと、

『良いな~』

と言ったので、『一緒に行く?』と言ったら、


スルーされて…



『何しに行くの?』と言われました…


『まぁ、いろいろねぇ~』と言ったら、


『呼ばれたの?』と言われたので、


『そうだよ!よく解ったね!』と答えました。



とても、感心しました。


何で、彼が『呼ばれたの?』と言ったのでしょうか?


普通だったら、『呼ばれたの~?』って聞くと思いますか?


彼は、『 直感 』で、そう言ったのでした。


なぜ、彼の直感から出てきた『呼ばれたの?』と言う言葉に感心したかと言うと、


僕自身が、『呼ばれた』と思っていたからです。


『誰に?』呼ばれた?と言う『誰?』と言う具体像は存在しないのですが、


僕自身が、ずっと望んでいた

『意味のある機会を与えるから、行きなさい。』

と、


呼ばれたように感じているのでした。


だから、この男の子が、『呼ばれたの?』と言った言葉が、


アメリカ、ロサンゼルスに行く、一番の目的だったので、

とても感心したのでした。



子供は、子供だからといって、子ども扱いせず、

素晴らしい能力を見つけ出し、それを育み、伸ばして上げることが大切ですね。

言葉には含まれない、『 氣 』を読み取る能力が、この男の子にはあるようです。


明日は、今年最後の営業をしっかりして、

13、14は

15日からの、貴重な機会へ準備をしたいと想います。



皆さんも、『呼ばれた』ときに、即行動できるように、心と身体の準備をお勧めします。

経済的な準備は、う~ん。。。。とりあえず、本氣で死にそうになったら、考えましょう(笑!)


『 この世の中は、自然なことしか起こらないですよ。(笑) 』

  

Posted by ケースケ at 03:24Comments(3)あかるいひとりごと

2010年12月11日

地球に生まれて…




こんばんは。

シイケイスケです。


最近、無心でいるときに

言葉無き言葉が、私の中に巡ってきます。


それで、

『へぇ~、そういうことだったんだ~』

と、独り言を言っています。


『 言葉を持っていない天 』は、

私たちに様々な出来事でメッセージを送っています。




上手く行かない事が最善の場合は、

うまくいかないよな出来事を与えてくれるし、


上手くいくことに取り掛かれば、

ナイスタイミングでいろいろな出来事を与えてくれるのです。



私たちは、それを知らないから、一喜一憂したり、

上手くいったときだけ、感謝したり…

上手くいかなかったときは、誰かのせいにしたりも…


天に、言葉があったら、みんなビックリするだろうな(笑)


しかしながら、『言葉がないから、凄いんですよね~。』


言葉も無ければ、姿もない。


『何のために姿や言葉が必要なの?』と、言っていますよ。


誰かに、氣付かれたり、感謝されたり、そんな事を求めてない。

すげーんだ。創造主というお方は…。


人や命が、氣付かないもの、当たり前に感じているものの偉大さ…


皆様はどう感じますか?



僕は、人と話をしているとき、

その人の意識と会話することがあります。

その人は、自分と話をしているつもりだけど、

僕は、その人の意識に語りかけて、その意識が答えてくれるんです。

そしたら、その意識がどんどん力を増してく。

ここぞとばかりに、言葉に代わってく。

言葉になった、メッセージが、その人に届けられて…。

話をしていた相手が、『はっ』と、する事があるんですよ。


僕が話をしているけど、僕の言葉じゃない。

その人の意識が、言葉になっただけ。


見えないからといって、否定してはいけない。

聞こえないからといって、無視したらいけない。

いつも、直ぐ近くに、私たちは私たちを導きあわせる素晴らしい力に包まれてるんだよね。


感謝の他に何もない。



地球に生まれてよかったーーーー!!!



というわけで、おやすみなさい。  

2010年12月10日

ますくめろん


こんばんは。

師走と言うわけで、

今年も、一年があっという間に終わろうとしています。

2010年は、どんな一年でしたか?


僕は、大変貴重な1年でした。

一番印象に残っているのは、

夏ごろでしょうか…



大変な変化が僕の中に起こりました。

それからの人生とそれまでの人生では、

見るもの全てが、違った世界に感じるほどの変化でありました。



そんな変化のことを、

どなたかが『ぷりぷりぽめろん?』とか、

言われておりました。


たぶん、僕もそれです。

『ぷりぷりぽめろん』したんだと想います。


いや、『ぷりぷり、ますくめろん』かもしれません。


どっちでも大丈夫です。


とにかく、

2010年は、とても意味のある出逢いと、意味のある機会が訪れた1年でありました。


いつも、僕が幸福な毎日を送れるのは、皆様のお陰です。心より感謝いたします。


2010年、最後まで、しっかりと、与えられた機会の意味を感じようと想います。


皆様の中で、俺も!私も!『ぷりぷりますくめろん』したぜっ!ってかたが居たら、

手を挙げてください。

ありがとうございました。

皆様も、残り少しの2010年、佳い時間をお過ごし下さい~~スマイル

  

Posted by ケースケ at 02:50Comments(0)あかるいひとりごと

2010年12月08日

風の言葉

こんばんは。


今日は、お昼、宮崎神宮と、護国神社に行きました。


特に、理由があったわけでも、

特に、目的があったわけでも、


ただ、そこに行ったら、


なぜ?そこに行ったのか?


その理由を知れるような氣がしたから、

そこに、行ってみました。



誰も居ない境内で、風がささやきました。

言葉のない、メッセージが

入り込んできたような氣がしました。


『 風って、いろんな言葉を含んでいるんだなぁ~ 』

と想いました。


言葉のない、言葉。

それを感じれるとき、壮大な世界にいるように感じます。




言葉では、表現できないものの多さに改めて脱帽。



言葉がないのに、言葉のような想いが、



『どんな出来事にも、必ず意味があるんだ』と教えてくれた。



『言葉では足りない。』

『言葉にしなくてもいい。』

『自分のなかで、それを感じて』

『自分の中に、氣持ちを込めて』

『誰かに伝えるためではなく』

『自分に伝えられたものを感じてみる』



その場所に行った、意味をしっかり理解しました。


凄いなぁ~と想いました。


今日は、自分が、少しだけ成長したような氣がしました。

人は、それぞれ、自分にしか歩めない機会を歩んでいますが、



僕も、自分にしか与えられない機会を、

与えていただける意味を、少しだけ知りました。


明日も、風を感じてみようと想います。

おやすみなさい。  

Posted by ケースケ at 01:41Comments(2)あかるいひとりごと

2010年12月03日

自分にしか歩めない道



こんばんは。

シイケイスケです。



この道より、我を生かす道なし。この道を歩む ~武者小路実篤~






僕は、16歳の頃、『社長に成ろう!』と思い立って、

21歳の頃、起業して、

ずっと、『何かに成ろう!』としていました。

たとえば、成功者になろうとか、

お金持ちになろうとか、

カッコイイ生活をしようとか、



あるとき、『 はっ! 』 と、


したときがあって、



『 俺は、すでに 俺や! 』



って、想ったんですね~。(笑)



何かに成ろう。として、描いていたものは、

本当に僕が目指しているものではなくて、

誰かが創り上げた、成功者?のイメージだったんですね。



お金がいくらあっても、それが、成りたい自分か?と考えたときに・・・、


あっさり違うなぁ~と想って。。。

誰かが創り上げた理想を生きるのではなく、

自分の、自分による、自分にしか歩めない人生を歩もうと、

新しい自分の理想を掲げることにして…

その、燃え上がる理想を、

『自分の為に生きるのではなく、人様のために為る様な自分を創造する人生を楽しもう』

と、そう掲げたのでありました。

人様の事を想えば、想うほど、私の能力の低さが浮き彫りになり…

毎日、毎日が、修練と鍛錬と、勉強の日々と変わりました。

起こること全てが勉強の材料となり、

起こること全てが、ありがたい機会と変わりました。


まだまだ、未熟な人間であるために、人様にお役に立てるまでには、

まだまだお時間がかかりそうですが、

いつかは、皆様のお役に立てるように毎日を創造してまいりたいと考えています。



生きている間は、必ず、皆様のお世話になっていると自覚しています。

お米を食べるときは、お百姓さまにお世話になっているし、

お魚を食べるときは、漁師さんにお世話になっているし、

電気も、水も、水道も、ガスも、携帯電話も、洋服も、・・・・

ありとあらゆる分野で、多くの皆様に助けられて活かされていることに気づきます。


そうした、相互の関係のなかで、自分に出来ることは何か?という事を必ず見つけ出し、

自分の能力の最大を発揮し、皆様のお役になるような人間の一人になりたいと考えています。



『人の己を知らざることを患えず、己の能なきを患う』論語



起こること全てが、自分にしか歩めない毎日であるので、

貴重な機会に感謝し、創造する毎日を楽しみたいと想います。


いつも、有り難うございます。


  

Posted by ケースケ at 04:33Comments(0)あかるいひとりごと

2010年12月02日

青島の素材で。



こんばんは~。

シイケイスケです。

最近は、マイ水筒にお茶を持参して、ウロウロしてます。

なんか、あったかいお茶が、ホッ一息させるんですね。

いつでも、どこでも、温かいブレイクタイム。



今日は、地元のスーパー、ボン〇デリスで買い物をしました。

改めて、いろいろなコーナーを見て回っていたら、

青島で造られている醤油工場の、『味噌』を発見して、購入。


味見…美味しい。


長友醤油販売さんから発売中のあわせ味噌。

僕が、16歳の頃、毎朝新聞配達をしていたあの頃…

(月給1万8千円!ちなみに→本当は、2万1千円だったが、

  家の新聞代を差し引かれていたことに2年後気付く。)

毎朝配るルートに、醤油のいい香り、プーン~とする場所があった。

それが、長友さんとこの醤油工場なのだぁ!

青島で言うと、津久波川のほとり。8区という場所にある。


青島の方々は、

『刺身は、カネナ醤油(長友醤油販売)じゃなきゃ、食べない!』

というのは、当たり前のこと。

カネナ醤油(長友醤油)は、青島で獲れる青魚などに、非常に良く合う醤油。

もちろん、青魚だけでなく、シビなどのマグロの幼魚にも非常に良く合う。

過去に地元の漁師さんと共に研究された…、

時代が経っても変わらない、味なのであります!!

そんな、長友醤油さんが造っている味噌。

140年の歴史のこる醤油屋さん。

味噌を造り始めたのは、50年前らしいです。(笑)

醤油も、味噌も、地元の素晴らしい歴史と繋がっていきたいと想いました。

今度は、工場に見学しに行って来ます!!





話は、全然変わりますが、面白い動画を見つけたので、アップしよう。



フィリピンの刑務所では、

アルゴリズム体操が取り入れられているそうです。

すげぇ~。

  

Posted by ケースケ at 00:19Comments(2)あかるいひとりごと