モノラルHPへもどる

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2011年04月29日

3年目のモノラルと、東北支援について


こんばんは。

久しぶりのモノラルは、新たな氣持ちです!

お店を休んでいる間に、気合の3年目、突入です。(笑)

青島ベース、モノラルを開店して、

3回目のゴールデンウィーク。3年連続でお越しいただく鹿児島のお客様がいます!

お会いするのが楽しみです!



東北の支援についてです。

30日に出発する『第二弾ありがとう宮崎チーム』に

宮崎地鶏 100人分

宮城県サッカー協会様へ、プラクティスシャツ(サッカー練習着)11着

などの物資で協力させていただくことになりました。

第二弾も、第一弾同様に、現地活動の様子などは、報告会などを通じて、

ご報告させていただきたいと思います。


ご支援ご協力、宜しくお願いします!!


今回の現地活動に、私は、参加できませんが、

私たちと同様に、宮崎を代表する皆様が活動してくれます!!

応援しています!


私は、宮崎での受け入れ態勢などを調整中です!


第二弾活動の中には、東北に、

宮崎からの活動拠点を作る手続きなども調整する予定などもあります!



今後とも、みんなのありがとうを届けようプロジェクトにご支援ご協力宜しくお願いします。



  

Posted by ケースケ at 00:36Comments(0)あかるいひとりごと

2011年04月28日

営業を再開しました。


こんにちは。

昨日から、MONAURAL(モノラル)営業再開しました。



今日は、とても気持の良い天気ですね!

さっきまで、綾町に行ってました。

なんと、

『AYAベース』が誕生か?!


宮崎は、カラッとした気候が心地良いですよね~。


震災から、一ヶ月以上経って、食材の買出しなど、久しぶりに行ったら、

多くの方に、帰ってきたんだね?と、声をかけていただきました。

どこかで、誰かが、私の話をしていたのでしょうね。

多くの方と、繋がっているんだということをとても嬉しく思いました。

現地の商店街などでは、店舗での営業が難しい中、

営業再開されている皆様と出逢いました。

皆様の前向きな姿をお伺いすることができて、

本当に尊敬しました。

前向きに立ち上がる方々の力強さ、勇気を感じました。

私自身にしたら、1ヶ月以上お店を閉めてしまい、

大切なお客様に、ご迷惑をおかけしていることを反省いたしました。

帰ったら、自分自身のお店を再開し、

平行して、ご支援などの活動を進めていこうと考えていました。



私ごときの活動は微々たるものですが、

お店の営業や、事業の展開を通して、

世の中のためになるような経営をさせていただきたいと思います。

皆様方と、繋がっている事を、心より嬉しく思います。




今後とも、モノラルを宜しくお願いします!!

皆様のお越しを心よりお待ちしております!!


シイケイスケ


MONAURAL
0985-71-1755




  

Posted by ケースケ at 15:44Comments(0)あかるいひとりごと

2011年04月21日

報告会を開催します!

【 現地活動報告会 告知 】


東日本大震災、現地支援活動報告会を開催します。

【宮崎市】

日時 4月25日(月曜日)午後7時30分

場所 宮崎市民文化ホール 会議室 (宮崎市花山手)


【都城市】

日時 5月9日(月曜日)午後7時より

場所 山田町日高邸(ムササビの森)


多くの皆様にご支援いただいたお陰で、現地で活動することができました!

現地での活動報告会を開催します!

宜しくお願いします!





こんばんは。

モノラルをお休みして、一ヶ月以上が経ちました。

3月11日に起きた東日本大震災の日から休んでおりましたので…

もう、一ヶ月以上経つわけですね…。

あっという間です。

お店を閉めていることで

たくさんのお客様にご迷惑おかけしたことを心より反省しております。

本当に申し訳ございませんでした。


一人の人間として、

今回の出来事に対して、多くの意味を感じ

頭で考えるというより、

自分自身の心のままに心に従い、心配や不安も無く、導かれるままに行動していました。


宮崎でも、同じように考えていらっしゃる方々がいて、

すごく心強く思いました。

そうした方々と繋がれたことに対して、何よりも深い意味を感じております。

人生を分岐する多くの出逢いと氣付きが与えられました。

多くの【 氣 】を感じました。



自分自身に与えられた役割を大変感じる機会になりました。

それと同時に、自分自身の能力の足らなさを実感しました。



多くの方がいて、多くの方の想いを感じることが出来ました。


現地での活動は、

【みんなのありがとうプロジェクト】にとって、一つのステップを経ました。


今後も、御支援をさせていただく中で、現地での貴重なつながりを持つことができました。

これから、中長期に向けて、

宮崎からできる事を、皆様とともに取り組んでまいりたいと思います!!

また、現地での活動も計画しています!

今後とも、ご支援ご協力、

どうぞ宜しくお願いします!

みんなで、この機会を共有しましょう!!

感じましょう!




来週、27日(水曜日)

お店の営業を再開できるように準備しています。

また、皆様とモノラルでお逢い出来るのを心より楽しみにしております。


どうぞ宜しくお願いします!


七ヶ浜中央公民館での炊き出しを手伝ってくれました!

2日間の炊き出しを終えて、
しょうじくん(七ヶ浜出身写真左から3番目)が七ヶ浜の皆様を代表して一言。
彼との出逢いは、私たちにとってとても意味のある深い出逢いでした。


  

2011年04月16日

現地で感じたこと。

こんにちは。

シイケイスケです。

本日、現地より、宮崎に戻りました。

何から、話していいのか…皆様にお伝えしたいことが、頭の中が一杯です。

現地の状況は、テレビで流れてくるニュースとは違っていて…

私達が想像していたものとも違っていました。


私たちが活動をしたのは、宮城県塩竃市や、宮城郡七ヶ浜町、石巻市です。

現地は、

一ヶ月を経っても、まだまだ、状況が変わらない部分もあれば、

一ヶ月経って、復旧や、再開、をされている状況もあります。

場所により、人により、地域により、様々な現実が存在しています。


活動中、何度も通る道筋や、家々を見て、元々の様子が想像できない姿に変わり果てていました。

この場所で、一ヶ月前に起こった大震災が、どれだけ多くの方々の日常を奪い、

生死までも奪い、それぞれの、人や場所に対して、

大変大きな天災に見舞われ、その機会を与えられたことを、受け入れなければならない現実…その想いを、

私達が現場で感じたことではないかと思います。


だからこそ、

私が、皆様にお伝えしたいのは、

現地での状況が、一人ひとりによって違っていることや、

地域や、場所によって、全くといって違っていることが、

被災された皆様、それぞれの機会であることを、私は一番に感じました。

もちろん、それは、私たちにとっても同じ機会であることは間違いなく、

私たちにとっても、多くの皆様にとっても、

大きな機会になった今回の大震災から学ぶことは、多大なものがあると実感しております。


現場では、

何かが不足していることよりも…

人との繋がりによって、私達が日常を創造していること、

たくさんの人によって生活が成り立つということを、

心の奥深くから実感することができます。

だからこそ、途方もない作業が続く現状を、

日本全体で一緒になって、復興、復旧、元気になってもらえるように、

その工夫を多くの方と共に行っていく必要があるとおもいます。


どんなにお金があっても、どんなに地位や名誉があっても、

人とのつながりによって、私たちは勇気をもらったり、生きる力が湧いてきたり、

人間と言うのは、人と人の間と書きますが、

本当に大切なものは、人を思いやる心一つだということを、現場で感じました。


「情けは人のためならず」

という言葉がありますが、


現地での活動で、私達が一番感じたことは、

自分自身の独りよがりな想いでは何の力にもなれないことです。

そして、どんな人の中にも存在する、人を思いやる気持ちから、自然に湧き上がる行動が、

人のためならず、自分自身の大きな成長に繋がることを実感いたしました。



宮崎へ帰ってきたとき、宮崎の空気がとても美味しく感じました。

暖かく包まれた自然の力が、

緊張の糸を緩ませてくれました。

この大好きな故郷、宮崎が、

今回の大震災を受けて、大自然の与える天災と言う機会を、

今、受け入れられる準備があるか?と考えると…

大変準備不足であることを実感しました。

宮城では、津波に対する意識が全国の中でも高いのではないかと感じました。

私たちの住む宮崎も、歴史をさかのぼれば、大きな震災に見舞われていることを覗えます。

この機会で感じることは、生きるか?死ぬか?という大きな機会だけでなく、

人との繋がり、自然との繋がり、地域とのつながりであるように感じます。

私たち宮崎も、そうした準備を進めることが、

多くの方々の命を少しでも救えるのかもしれないと信じます。


そのために、私にできることの全てを工夫して行って生きたいと思います。

多くのご支援、ご協力いただきました皆様の想いを、

少しでも現地へ届けられたのではないかと思います。

今後とも、現地の復興の手助けを行えるように私たち皆で機会を共有し、

成長していきたいと思います。

人間って、本当に逞しいと思います。そして、命そのものは、とても儚いと思います。

だからこそ、人にたいして想い寄り添う氣持ちと、

強く、清く、逞しい自分自身を創造し、

人生を多くの喜びと楽しみで歩み進みたいですね。

毎日、毎日、私たちに起こる機会から、私は、これまで以上に学びたいと思いました。

今後とも、多くの皆様と、与えられる機会を分かち合いながら、

生きていきたいと思います。

本当に、多くのご支援ご協力ありがとうございました。

これからも、東北にいる皆様の想いに寄り添うご支援をさせていただきたいと思います!!

皆様のご協力宜しくお願いします!

この度は、本当に、ありがとうございました。


シイケイスケ









  

2011年04月09日

本日の19時に宮崎港を出港します!

こんばんは。

シイケイスケです。

みんなのありがとうを届けようプロジェクトが、ついに現地へ入ります。

現地へ行くメンバーは、

男性が6名、女性が2名の計8名で向かいます。


現地では、現地の状況に柔軟に対応できるように活動する予定ですので、

基本的、現在決定していることは、宮城県仙台市、塩竃市に向かうことです。

そして、今回は、大量の物資を持っていくだけでなく、

300人~500人の炊き出しが可能な装備を基本に、

カレーや、豚汁などを宮崎の野菜や鳥を使って提供することを考えています。

日向夏などももって行く予定。


現地では、絵本や、コミック本、落書きノートや、クレヨン、筆記用具、

小学生などの遊び道具もたくさん持っていく予定で、

その際に、都城市の小学生が書いてくれた横断幕を手渡す予定です。




想像は膨らみますが、現地での活動は、現地へ行って見ないと分からないものがあります。

しっかりと準備をして、

全国から支援いただいた、私たち宮崎人の、

一人ひとりの「ありがとう」を届けに行こうと思います!!

ひとえに、こうして、準備を整えて、

現地へ向かう事ができるのは、多くの皆様のご支援のお陰です。


そして、今回、8名のうちの一人には、口蹄疫で6000頭の豚を殺処分された農家の方もいます。

東北の皆様が、あのとき、実際に、応援していただいた御恩をお返ししたいと参加されました。


それぞれの個性と、才能をフルに活用し、

宮崎代表として、宮崎と東北の心の架け橋をかけてきます!!

ご協力、ご支援、賛同いただきました多くの皆様方に、心から感謝を申し上げます。


本日、9日(土曜日)19時 宮崎港。出港!

行って来ます!



活動報告は、ツイッターなどで行う予定です。

ツイッター @cckeisuke

  

2011年04月07日

本日、お暇な方、集合でーす~!


こんばんは。

シイケイスケです。

東日本大震災から、4週間。

あっという間です。

いろいろなことが変わったし、いろいろなものが変わらなく動き始めた。

そんな感じを受けます。


世の中には、多くの人がいて、

どのような人であっても、「機会」を与えられたのだと感じております。

私は、この機会で、人生が変わりました。

どんな風に変わったのかは、また、一通り、落ち着いたら、お話しますねスマイル




今週の土曜日、9日に宮崎港から出発予定です。




今日の夕方から、明日、あさっては、大変多くの、買出しがあり、市内を動きまくります。

その後、梱包作業もあります…。

ぜひ、お暇な方!

ご協力いただける方は、御一報くださいスマイル

09071644739

午前10時に、モノラルへ…集合で(笑)作戦練ります。


多くの皆様から義援金の方をお預かりしています。

その想いは、計り知れないものです。

想いを、カタチに変えて、

今、多くの被災された皆様に喜んでいただけるもの…

ご要望いただいている内容のもの・・・

宮崎から、届けることと共に…、

これから、長期にわたって、宮崎と被災地とを結ぶ 【心の架け橋】をつなぎに行きたいです。



たくさんのご協力いただいた宮崎の皆様の想いをカタチにして、

責任もってお届けしてきます!



皆様の大変大きなご支援、ご協力、心より感謝申し上げます!

ありがとうございます!!!

しっかりと、確実に、必要な方へ届けてきます!!





小学生などの子供たちと多く接する可能性があります。

子供たちに喜んでいただけるような、素敵なアイディアがあれば、

時間は限られていますが、ぜひ、宜しくお願いします。




引き続き、物資の方募集しております!!

【 食料品 】 無償提供可能なもの 

米、水、調味料、調理機材、真空パックの漬物、梅干、レトルト食品、お茶、温かいスープの元、

栄養補助食品、缶詰類…野菜、果物、(感謝)

調理機材(ガスボンベ)大きめの鍋(炊き出し用)


【 支援機材 】 無償提供可能なもの

発電機・自転車・車・バイク・ショベル・軍手・長靴(新品)・靴(新品)・電池・ヘッドライト


【 避難所での生活支援 】

雑誌や本・手鏡・ノート・鉛筆や色鉛筆・トランプなどの遊び道具・各種バック等


※衣類や毛布は充分足りているとの情報があります。


<物資を振り分ける作業場所> 
889-2162
宮崎市青島2丁目8-28 モノラル

< 期限の目安 4月8日 >


【 支援いただける物資の情報を下さい 】
シイケイスケ
09071644739
keisuke-c@ari.bbiq.jp



  

2011年04月06日

自分ってなんだ。

こんばんは。

何かの変化を感じている人にとって、

今と言う時間は、機会でしかありません…。

その機会が、与えられた意味は、何でしょうか?

それぞれが、それを感じている…今。

ただ、その心の声に耳をかたむけて

自分を信じて、一歩を踏み出すことが、

とても尊いことであると・・・僕は考えています。

とてもシンプルですね。



今日は、都城での受け入れの準備が一歩前進です。

今も、都城市内では、新燃岳の灰が降り注いでいます。

しかし、皆様の想いは、東北の皆様と共にあります。

それは、この地に住む方々が、困ったとき、

自分の事のように、全国から支援していただいたことの経験があるからだと思います。


一人ひとりの力が、こんなにも大きな力に変わること…

私たちには、たくさんの繋がりがあること…

この機会に私が学ばせていただいているものは、何ものにも変えがたい貴重な経験です。



自分と言う字は、

自を分けると書きますが、

自分である前の姿は、自となります。自とは、自然ということです。


本来、人は自然の一部です。

自然の中でしか、生きてはいけません。


自と他を分けて、学ぶことの意味を、皆様はどう思いますか?


分けられているから、分からないことだけど、

本来、私たちは、皆、「自」となれば、同じ自然の一部なのですね。



目には見えない、つながりが、私と、皆様を出逢わせ、

目には見えない、力が、小さなコメ粒を、何十倍の稔りに変えてしまうわけですね。


私たちは、姿カタチの上、この世で、自らを他と分けて、学んでおります。

しかしながら

心は他と共に、自然霊性の世界において、すべての繋がりと共にあるように…


共に、苦しみを分かち合い、

共に悲しみを乗り越え、希望と勇気をもって、

明るい明日へ今日も、新しい自分が、生まれ出る喜びに感謝をして…

尊き、一日を最高の一日として、生きていきたいですね。



どんな出来事が起きても、与えられても…

それには、必ず意味があることを僕は知っています。


今、起きていること、これから起きようとしていること…

すべて、その起源が、どんな事にも必ずあるんですね。



だから、事を与えられたら、それを与えられたことに感謝し、

それが、なぜ?与えられたのかを感じ、

想いを行動に変え、行動を生活に取り入れ、生活を人生にして、

一度っきりの人生を、尊く清く、強く、逞しく、生きていきたいです!


自分に頼れる自分に成ります!

毎日勉強!日々勉強!我以外皆師也!感謝。



いつもありがとうございます!!








4月9日土曜日に、宮城県へ向けて、宮崎港を出港します!

そこで、物資を募集しております!!

皆様の想いを、カタチに変えて、私たちの手で届けるプロジェクトは、

多くの方々の想いのお陰によって、今、更なるステップを踏み出しています。


言葉にならない感謝と感謝の相乗が、もう、すでに溢れ出てきそうです。


それぞれが、それぞれにできることで、


こんなにも、大きなプロジェクトになれたことに、皆様方のご支援、心より感謝申し上げます。


引き続き、宜しくお願いします!



【 食料品 】 無償提供可能なもの 

米、水、調味料、調理機材、真空パックの漬物、梅干、レトルト食品、お茶、温かいスープの元、

栄養補助食品、缶詰類…野菜、果物、(できるだけ出発日に近い日程で、持ち込んでいただければ感謝。)

調理機材(ガスボンベ・ガスコンロ)

大きめの鍋(炊き出し用)


【 支援機材 】 無償提供可能なもの

発電機・自転車・車・バイク・ショベル・軍手・長靴(新品)・靴(新品)・電池・ヘッドライト


【 避難所での生活支援 】

雑誌や本・手鏡・ノート・鉛筆や色鉛筆・トランプなどの遊び道具・各種バック等




※衣類や毛布は充分足りているとの情報があります。


【企業支援情報求ム】

<物資を振り分ける作業場所> 
889-2162
宮崎市青島2丁目8-28 モノラル

< 期限の目安 4月8日 >
野菜や果物 4月8~10午前(宮崎市 受け入れ拠点別)


【 支援いただける物資の情報を下さい 】
シイケイスケ
09071644739
keisuke-c@ari.bbiq.jp


  

2011年04月04日

【告知お願い】現地支援活動できる方募集&支援物資募集!!

【みんなのありがとうを届けよう】プロジェクト


現地へ向かいます。

現地での活動を支援してくださる方を募集します!!

そして、物資を幅広く募集します!!!



「今こそ、全国から、支援を頂いた宮崎のちから見せましょう!」



出発日2便

人・物資(9日、土曜日・マイクロバス)

物資のみ(11日、月曜日・2トントラック)



【 食料品 】 無償提供可能なもの 


米、水、調味料、調理機材、真空パックの漬物、梅干、レトルト食品、お茶、温かいスープの元、

栄養補助食品、缶詰類…

野菜、果物、(できるだけ出発日に近い日程で、持ち込んでいただければ感謝。)


100名単位での炊き出し…

調理機材(ガスボンベ・ガスコンロ)

大きめの鍋(炊き出し用)



【 支援機材 】 無償提供可能なもの


発電機・自転車・車・バイク

ショベル・軍手・長靴(新品)・靴(新品)・電池・ヘッドライト



【 避難所での生活支援 】

雑誌や本・手鏡・ノート・鉛筆や色鉛筆・トランプなどの遊び道具・各種バック等


【企業支援情報求ム】

<物資を振り分ける作業場所> 

889-2162
宮崎市青島2丁目8-28 モノラル

< 期限の目安 4月8日 >

野菜や果物 4月8~10午前(宮崎市 受け入れ拠点別)


【 支援いただける物資の情報を下さい 】
シイケイスケ
09071644739
keisuke-c@ari.bbiq.jp





【 現地での活動ができる方募集!! 】


現地にて、振り分け作業や、炊き出しの手伝い、各種柔軟に活動してくださる方募集!!


※あくまでも自己責任能力の範囲で活動お願いします。ボランティア保険の保障の範囲内です。



【日程】

4月9日(土曜日)18時 宮崎港出発

10日(日曜日)大阪~仙台へ 新潟→山形→仙台ルート

11日~14日まで活動

15日(金曜日)仙台~大阪へ 仙台→山形→新潟→大阪へ

16日(土曜日)8時   宮崎港着



活動拠点 宮城県塩竃市周辺 


詳しくは、シイケイスケ
09071644739まで
minnari.info@gmail.com

<支援に関する物資、情報提供お願いします!!>


問い合わせ人数により、現地での活動説明会を行います!!(2名以上の参加で)(宮崎市街地にて) 

最終打合せは、金曜日の午前10時(生目台東・カリヨンプラザ内 プロジェクト事務局)



現地では、大きな避難所を中心に全国から次々と支援物資が届けられています。

その反面、避難所の回りには、自宅にて避難されている方々もたくさん居ます!

物資が行き届かない各家に深夜や目立たない時間帯を見計らって配給する工夫も必要だと聞きます。


行政や、大きな支援団体では、なかなか細かな配給ができない実情があります!!

私たちは、現地拠点を立ち上げて、そこから、小分けにして配送することを予定しています!

現地での活動は多岐にわたり必要になってきます!

宮崎での協力体制と、現地との協力によって、必要とされている方々に支援が行き届くように

努力していきたいと思います。


協力をお願いします!




皆様のお陰で、支援の輪が、広がっています!!

宮崎から、今まで、支援してくれた東日本の皆様に、ありがとうを言いに行きたいですね!

口蹄疫や、新燃岳の噴火、鳥インフルエンザ…いろいろな苦難を乗り越えられたのも、

全国の皆様のお陰ですね。

緑と太陽と青空の宮崎に、東日本の皆様方が、笑顔で遊びに来ていただけるよう、一緒に復興しましょう!


そうした時間を、いち早く迎えるためにも、宮崎から、支援の輪を広げたいと思います。



いつも、ご賛同くださる方々に心より感謝申し上げます。


<ご協力と、告知の方、お願いします!!>


  

2011年04月03日

4月9日、現地へ出発します!

こんばんは。

シイケイスケです!!




先日は、冨田貴史さんを招いての【座談会】とても素晴らしい時間でした。

houさんの歌も最高でした。

こうして、身近な人たちと、真剣に語り合える機会を与えていただけたことに、心から感謝しました。

宮崎の中で、こうした繋がりがもてたことを、とても幸せに感じました。

また、改めて、写真などアップしていきたいと思います!!



さて、明日は、都城市山田町の日高さんお宅で、【ムササビの森カフェ】がオープンします!!

詳しくは、こちら

明日、14時~ 

僕も、遅れて行きます!


遅れる理由は、宮崎市で、

こちらのイベントが開催されています!!↓


【ほんとうのことちゃんと知りたい「原発のはなし」】



僕も、行きます!


宜しくお願いします!



さて、【みんなのありがとうを届けよう】プロジェクトでは、

それぞれのイベントにて、大きな布に、メッセージを書いていただいています!!

イベントなどを主催される際は、ぜひ、お声かけてください!!



【みんあり進展状況 & 募集!!】

先日、現地へ2度入られている方とお話をしました!!


今後、協力できる部分で、一緒にプロジェクトを進めることになりました!

その方の情報の中で、

一番気になったことは…


【物資などの配給の難しさ…】です。


救援物資は、いろいろなルートで入ってきますが、大きな流通の最終地点というものは、

大人数が避難している避難所です。

しかし、現在、

避難所以外で生活されている方々の物資を調達できるルートというものは、

非常に、大変なようです。


私たちは、そうした事態を深刻に感じまして、

宮崎や九州から、ただ単に送りつけるのではなく…

現地での受け取り、物資の仕分け、気の利いた配送先の選定などの作業を行えるように、

宮城県、塩竃市(候補)に拠点を作ることを、協力して行うことになりました。


そして、現地では、被災された皆様がボランティアに加わっておられる方々が多数います。

その方々の疲労を少しでも軽減できるように、

物資だけでなく、人を派遣致します。


【目的】

現地での拠点つくり、現地でのボランティア作業、現地と、宮崎、九州を結ぶ、様々な支援を行う。


【日程】

4月9日(土曜日)19時出発~宮崎港を出港(フェリーで大阪まで)

 10日(日曜日)8時~22時 大阪~仙台 マイクロバスで移動
                約900キロ(日本海側を通る予定)

 11日~15日 現地での活動
 
 16日 3時~17時     仙台~大阪 マイクロバスで移動
                約900キロ(日本海側を通る予定)
 17日(日曜日) 8時30分 宮崎港到着

【内容】

・社会福祉協議会を通じてのボランティア活動

・スポーツクラブ関連を通じてのボランティア活動

・拠点は、宮城県仙台市、塩竃市 等

・宿泊については、現地情報をお知らせします。民泊、施設利用等

【費用】

交通費、宿泊、現地での食費、等々 
50,000円くらいは、見込んでおいてください。

【注意】

・あくまで、自主的に現地へ向かいたい方の乗車をお願いしております。
・基本的には、自己責任を基に行動してください。
・ボランティア保険等の範囲での保障となります。


【定員】 10名



 火曜日、水曜日に、説明会を行います!!

 詳しくは、シイケイスケ
 
 09071644739 まで ご連絡下さい!!



皆さんの一人ひとりに、ご挨拶、お話したいのですが、

なかなか、ご連絡できず、


本当に申し訳ないです。


4月9日までに、いろいろと準備をしています。


どうぞ、ご協力お願いします!!


それでは、おやすみなさい。