モノラルHPへもどる

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2011年07月28日

これからの営業について


これから先、私は、

しばしば、MONAURALを、店休することがあるかと思います。


皆様の憩いの場であるこの場を閉めることを、私は、本当に申し訳ないと考えています。


しかしながら、私は、自分の商売の事だけでは、完結しない世の中との関わりを、

自分自身の経験で、少しでも、より佳い方向へ変えられるための準備を進めようと考えています。


結果として、皆様とともに成長し、多くの方々と関わることにより、

再び、この場所で、皆様の笑顔と共に食事をしたり、

語り合えることを想像している訳であります。




身勝手で申し訳ありませんが、宜しくお願いします。


しばらくは、平常どおり営業しておりますので、ご心配なく。


  

Posted by ケースケ at 02:45Comments(2)重要な内容です。

2011年07月28日

温故知新




最近、私が思うことがあります。

それは、私たちの生活と言うものは、

いつも、世の中に影響されているということです。


先日、母親が子供だった頃の話を聞いていて、

この国が、今とは、ずいぶんと違った環境だったことを思い返しました。


高度経済成長…

世の中には、あらゆる物が溢れるようになり、

多くの人が忙しくなっていきました。


情報や、政治が、あたかも、それが正当であるように、

世の中の仕組みを創り上げていきました。


個人の意見ではなく、多数の意見が尊重され、

議会はいつも、多数決議を決行しました。




ルールは、それをつくった人に有利に働き、

ルールに従わない人は、排除されました。




私は、今、世の中で起こる事の全てを省察したとき、

その出来事の儚さを感じます。



世の中には、お金と言う道具があります。

【お金と言う道具】を精密に言うと、信用引換券でしょうか。

あの紙きれに、信用が成り立つからこそ、相応の価値と交換することができます。



ひとたび、信用が無くなれば、紙きれです。


誰が、その信用を保証してくれるのですか?

日本銀行券と書いてある券を、私たちはお金と呼んでいます。

日本銀行券の信用は誰が保証してくれるのですか?


その仕組みをつくった人が、全てを保証するのですか?


お金がたくさんあれば、人の心も買えるのですか?

お金があれば、安心なのでしょうか…。



その券の事で、皆さんは、悩んだことはありますか?

感情を奪われたことはありますか?


もしも、お金という道具に頼らない、豊かな生活があるとしたら、

どんな世の中だと思いますか?

お互いの豊かさを分かち合う世の中を想像しませんか?

必要以上のものを、他に求めず、

自分に今、与えられているものの素晴らしさを知ること。


お互いの素晴らしさを語り合う世の中に  


なりますように。

  

Posted by ケースケ at 02:28Comments(0)あかるいひとりごと