モノラルHPへもどる

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2011年08月26日

矛盾だらけの世界

永遠に続くものと思っていた関係が、突然の終わりを告げ、


終わりが来ることを前提にした関係が、永遠に続くことがある。



無限のように感じているものが、有限であり、


有限であるものの本質は、無限である。







宇宙空間という無限の世界のなかで、有限の世界が成り立っているという関係を、

言葉で表すと、とても奇妙な言葉になる。


例えば、それを、

『 矛盾 』と言う言葉で表す。


矛盾と言うと、何か、二つの存在が間違った関係のように思えるけれども、

決して二つの存在は間違っているとは言いがたい。



この世の中は、相反する関係が、とても絶妙なバランスで成り立っていると言える。



どんな盾(たて)でも突き刺す最高の矛(ほこ)を売っていた武器商人が、


それを全部売り終えたとたん、


次には、どんな矛(ほこ)でも突き破れない最高の盾(たて)を売り始める。という


話が、 矛盾 と言う言葉の語源。(だったような…。)



この、武器商人が、嘘をついていると言えば、嘘かもしれないし、

しかし、嘘をついていないとすれば嘘をついていないとも言える。




言葉と言うものは、言葉にした瞬間、

発した人の想いとは意に従うことなく、

相手の立場次第で、嘘にもなるし、真実にもなると言える。



結局は、自分自身が、それが本当だ!と思えば、それが真実になるし、嘘だと思えば嘘になる。


言葉そのものは、形容された有限なもののように感じるけれど、

その本質は、形なき、無限なものであるように思える。


嘘か?、本当か?という二つの答えだけでは、

本質を見抜くことはできないというのが、答えではないかと思う。




だからこそ、姿や形に囚われることなく、

有限なものに囚われることなく、


有限な世界において、無限に広がる可能性や想いと言うものの本質を理解したいと思う。


だからといって、

お互いに認識しやすい、姿やカタチを、無視するという意味ではなく、

現代社会が、あまりにも、形容できるものに重視する傾向があるように思えるので、

そのバランスを失うことのないように心がけたい。



理屈を抜きにして、

この世界の本質を、同じ認識で語り合えるような世の中にしたいものです。


  

Posted by ケースケ at 03:35Comments(0)人生勉強

2011年08月23日

身は地に生じ 心は天に帰す



人は皆 

仰いで蒼々たる者の天たり

俯して隤然(たいぜん)たる者の地たるを知れども

而も吾が軀(み)の皮毛骨骸(ひもうこつがい)の地たり

吾が心の霊明知覚(れいめいちかく)の天たるを知らず


言志晩録 佐藤一斎



人々は皆、空を仰いで青々と際限なく広がっている者が天であり

俯して柔らかく 固まっている者が 地である事を知っている。

しかし、自分自身の皮膚、毛髪、骨骸等は、地からうけた者であり

吾が心の霊明にして 知覚あることは 天から授かった者であるという事を知らずにいる。





科学がどう進歩しようと、科学という観点からでは、分からない事が圧倒的に多すぎると言うものが

この世の中の事であるという事を知らなくてはなりません。

どんなに、莫大な資料をもってしても、スーパーコンピューターをもってしても

絶対に、その領域には適わないという事を理解して、その進化の目的を見定めなくてはならないところを理解しなくては、

本当の意味で、文明の進歩とは到底言えないのであります。


私たちは、その仕組みさえ知らないものを時に扱う事があります。

どのような仕組みで、それらが成り立っているか?分からないものが、

この世の中に溢れたとき・・・

私たちは、取り返しのつかない過ちを侵してしまう事があるのかもしれません。



文明が、いくら進歩しようとしても、

人は、地上でしか生きる事ができず、生命の中でしか育つ事ができないのです。

そして、その本質は、( 氣 ) でありますので、喜びや、楽しみ、感謝、感動の毎日に生きてこそ

この命を輝かしく全うする目的であるように思うのであります。

進歩と、向上の名の下に開発された様々な 道具に 私たちの本来の目的を奪われないように

今日も、その本質を全うするのみであります。


いつも、ありがとうございます。
  

Posted by ケースケ at 14:15Comments(0)人生勉強

2011年08月19日

認識できないものを感じる心



私たちは、見えないものを怖がってしまう事があります。

認識できないから、それを信じる事ができないのでしょう。

見えなくても、確かに存在しているものがこの世界にはたくさんあります。

五感で感じるものが、すべてだと認識している人にとって、

この世界に不安や恐怖が消え去る事はないでしょう。



地球という、この星の中にいると、

当たり前のように想うことが、

宇宙空間では、決して成り立つ事のできない、奇跡に満ちあふれた偶然が成り立っている事を知ります。

それは、まるで

魚が、水の中にいるときは、水の存在を知らないように、

陸に上がったとたん、

「水の中でしか生きられないという大変重要な事実を知る」

ということに似ています。



人は、当たり前のように考えていることを

それほど深くは考えないようです。

認識できないものも、あまり考えないのでしょう。




しかし、その当たり前に成り立つ天地自然の法則や、森羅万象、目に見えぬ存在である偉大な力が、

私たちを生かしておられるのではないかと、私は秘かに考えているのです。



その存在に、名前はありません。

名を持たず、

誰に自慢するでもなく、

その存在は、私たちの認識の度合いに関係なく、私たちを生かしているのですね。


本当に凄いものというのは、目立たず、誰にも氣づかれず、

話題にもならず、ただ、黙々とその役割を全うしているものなのですね。



私たちは、「体」をもってして、自分という認識に至りますが

この体なしには、自分というものを認識する事はできません。

反対に、体だけ存在しても、それを自分という認識ができない場合、

体は生きていても、自分とは言いがたいのですね。

たとえるなら、植物状態の人間は、体は生かされていても、自分を自分と認識できないのですね。


ということは、体そのものが、自分ではなく、

自分というのは、この体を身体として意識しうる 意識体 ( 氣 )なのですね。

どの、家電製品も、電氣が繋がらなければ、動かないのと同じですね。

電気は、目に見えないものですが、確かに存在するものですね。



私たちの、本質は、

心を統制して、身体を動かす『意識体』なんですね。

『氣』(霊魂)そのものですね。

日本語って、すごいな〜って、思うのですが、

『身体』(からだ)という語源をご存知ですか?


御霊(みたま)とも呼ばれる魂の事を=『身(み)』といい、

身の入っていない、殻だ(からだ・ガラ)のことを 【 体 からだ 】というわけですね。



体(殻)に身(御霊)が入った状態を『  身 体 (からだ) 』と言う。


このような語源がございます。



私たちの身体(からだ)というものは

天から生じた魂と地から生じた肉体とで人間と言うカタチをしているわけです。



それにしても、現代は、健康ブームで、体に良いとされるものが、もてはやされておりますが、

認識しやすい 体 だけでなく、

認識できないけれども、私たちの本質である、氣(御霊)を高めるような取り組みが必要ではないかと考えるのであります。




身も、体も、心も、与えられた機会をまっとうすべく、

いつも磨きあげたいですね。


長文のご拝読 ありがとうございました。
  

Posted by ケースケ at 02:56Comments(0)人生勉強

2011年08月16日

自分という主人公

『 随所に主となれば 立所 皆 真なり 』

ずいしょにしゅとなれば、りっしょ みな しんなり





私たちは、毎日、毎日、進化と向上を絶え間なく繰り返す、変化のある新しい日々を生きていると言えます。

その、進化と向上の絶えない変化の多き毎日の中で、

多くの機会が与えられるのです。


その出来事が、なぜ?与えられるのか?

その出逢いが、なぜ?与えられるのか?



簡単には、紐解く事ができないように思いますが、

私は、その理由を【その機会が、必ず、私にとって、必要であるから与えられるものである。】

と、考えています。

目に見えるもの、カタチあるものは、容易に認識できますが、

私たちは、五感だけでなく、もっと違ったものを認識できると思います。


いろいろな機会が与えられる事を、

いつも、その意味を感じると、

何とも言いがたい、深い意味を感じるのであります。



その意味をただ、ただ、実感すると、

【偶然】という言葉だけでは片付ける事のできない霊妙な力を感じるのであります。


そうした、感覚的にしか捉える事のできない有難い機会を与えられることに、

私は、いつも驚かされるとともに、感謝の氣持ちが溢れ出てきます。



私の本質は、氣です。

人生を創造するのは、体を纏った、鏡に映る自分です。


本質である氣は、いかなるものとも 一体であると考えます。

しかし、自分という肉体を纏い、人生を全うする上で、

人生を創造していくのは、自分自身です。

本質である氣を、存分に高めて、

まず、自分を創り、人生を、楽しみたいと思います。


私たちは、一人一人が、主人公であり、

私たちは、一人一人が、脚本家であり、監督であり、

私たち、一人一人が、それぞれの世界の中心であると思います。

だからこそ、最高の自分自身を創造し、お互いに最高の主人公を演じたいですね!



おもいっきり、主人公を楽しみましょう!

いろんな自分を楽しみましょう!

最高の自分自身を楽しみましょう!




いつも、ありがとうございます。  

Posted by ケースケ at 02:53Comments(0)あかるいひとりごと

2011年08月11日

自戒


命も要らず 名も要らず 官位も 金もいらぬ人は 始末に困るものなり。

この始末に困るも人ならでは こんなんを共にして国家の大業は成し得られない

西郷隆盛





私欲ではなく、志欲を持つ。

利で人に接するのではなく、義で人と関わろう。


情報が溢れるなら、

その本質を見抜く事のできる自分を養おう。



望むものがあるなら、それを手にする事が本当に必要かを考え抜き、

失うものの尊さを味わおう。



今日という日が、二度とない時である事を知り、

今という時間が、未来を創造する瞬間である事を実感しよう。



お金や、地位、名誉、肩書きや、きらびやかな外見にとらわれる事なく

自分の身の丈にあった、理想の自分を創造し、

内面から光溢れ出す 魂(霊氣) を 磨こう。



人生に与えられるすべての出来事が、自分自身を高められるチャンスである事を知り

与えられるすべての機会を、感謝の心で待ち受けよう。



天は どんな理由で私を この世に生み出し、

私に 何をさせようというのだろうか? 

自分は すでに天が生んだ物だから、

必ず 天が命じた役割があるはずだ。

天が命じた役割を果たしていなければ、それを果たすように。と、

絶え間なく機会を与えてくれるはずだ。

もし天が私を冷遇しようのなら、

私は自分の 人格を磨く事によって幸福を勝ち取ろう


もし天が私の肉体で苦痛をを与えようとするならば

私は心の平安によって免れてみせよう


もし天が私にさまざまな障害を与えて人生を妨げようとするならば

私は真理の力によってこれを通り抜けて見せよう!


こうすれば、天といえども、私をどうすることもできないだろう。  

Posted by ケースケ at 10:47Comments(0)人生勉強

2011年08月11日

スタッフ急募。


緊急募集!



本日〜数日間で、アルバイトは入れるよ〜という方は、

09071644739 シイケイスケまでご連絡をお願いします!




接客好きな方大歓迎!




http://aoshimabase.miyachan.cc/e261953.html
スタッフ募集してます!  

Posted by ケースケ at 10:37Comments(0)求人!案内!

2011年08月07日

学ぶ。


利を人に譲りて、害を己れに受くるは、是れ譲なり。

美を人に推して、醜を己れに取るは、是れ謙なり。

謙の反を驕と為し、譲の反を争と為す。

驕争は是れ身を亡ぼすの始なり。戒めざる可けんや。


言志四録 佐藤一斎



私は、この国に生まれて、

多くの偉人が書き残したたくさんの言葉に、大変感銘を受けています。

当時の日本人が、一所懸命に学び得た事は、

日本国内だけでなく、

東洋、西洋と、そのジャンルを問わず、

様々な考え方を取り入れられたと察しております。

日本人だからこそ、世界が幅広く捉えられ、

他国の素晴らしい文化を学ぶ機会に恵まれ、

様々なものから学び得る勤勉さが、現在の私たちが享受している豊かさを生み出したのではないかと考えております。

日本は、和の国です。

佳いも、悪いも、西洋も東洋も、相反するものの尊さを学び、

調和を重んじる民族であると思います。

それは、アメリカという国が、人と、人が自由に行き交うユナイテッド(融合)の国に対して、

心と心が調和し、お互いの想いを受け入れる融合の国、

和の国という違いでしょうか....


融合し、調和が生まれるところに、必ず、豊かさがあります。

今、そのバランスが崩れようとしているとしたら、

そこに調和しない何かがあるからだと思います。



私たちは、今、大変重要な選択を、他人に任せているように感じます。

政治やマスコミの力は、大変強大ですが、

そうしたものに流される事なく、

大人として、一個人として、自分自身の一つの意見、思路(考えの道筋)を持つべきではないかと考えています。


私は、今まで、知らなかった事が、山ほどあり、

わからないままにしている事が多大に多かったのですが、

近い将来、家族を持ち、男として、父親として、

子供や妻、家族や友人に、今、起きている事や、何かが起こったとき、その道筋が( 分からない。 )とするのではなく、

今、このような時代であり、今、このような情勢であるからこそ、

今を、どのように生きて、

今を、どう選択するかを、しっかりと、決定し、模範の人となれるように準備を進めたいと考えています。



この命は、ありがたく、いただいた命です。

この命を、いつかお返しするときがくると思います。否、必ずきます。

そのときまで、自分自身の中に、思考の道筋を持ち、自分自身に頼れる自分にいち早く成りたいと思います、

人の喜びを自分自身の喜びとし、

自分の行動や言動のすべてが人様のためになるような理想の自分に成りたいと思います。


いつもありがとうございます。

感謝



命も要らず 名も要らず 官位も 金もいらぬ人は 始末に困るものなり。

この始末に困るも人ならでは こんなんを共にして国家の大業は成し得られない


西郷隆盛

  

Posted by ケースケ at 03:41Comments(0)あかるいひとりごと