モノラルHPへもどる

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2011年12月28日

大 人 が 夢 を 語 り 。 創 造 す る 未 来 。

こんばんは〜☆ 久しぶりの更新、夜中に失礼いたします。

最近は、宮崎もグッと冷え込み、都城では、冷たーーい『霧島おろし』が吹いていて、宮崎よりももっと寒く感じます。

田野町や、国富町などでは、千切り大根のやぐらに向かって、この乾いた風冷たいが吹いていまして、

宮崎を代表するせんぎり大根になる訳ですね。

五ヶ瀬では、日本最南端のスキー場が賑わい、宮崎の本格的な冬の到来を実感しております。

最近は、夜空がキレイですね! 星や月が神々しく輝く姿が、美しいです。



今年も、残すところ3日です。



2011年は、本当に本当に、機会が与えられた一年となりました。

私は、去年の今頃、アメリカ合衆国におりました。年越しはラスベガスの華やかなカウントダウンに遭遇し、

2011年を締めくくる今となって、まさか、このような意味の深い一年となるとは、想像もしませんでした。


しかしながら、与えられた機会や、遭遇したすべての出来事には、与えられたる意味があることを、私は信じているために、

私が、感じている事のすべては、これからの未来を創造するために必要な経験と機会であることを確信しております。


様々な出会いがあった、一年であり、深く人と関わり合った一年であり、自然に導かれ、自然に行動した結果、

多くの喜びと、感動に出逢いました。

その行く先々で出逢った『 虹 』は、その内なる感動が、目の前の世界に写し出された 光 そのものでした。




私は、来年、さらに導かれるままに、現在のダイニングバーモノラル(飲食事業)から、

活動内容や、事業所を変更することも踏まえ、

シイケイスケというこれまでの経験のすべて、私の総合力を以てして、取り組むべく

『地域(市民)活動クラブ』設立に向けて活動して行きたいと心しています。

私は、人生の中で、数多くの夢を抱いてきました。

きっと、多くの人も、同じように、夢があると思います。

宮崎という地域で、みんなの 夢 を、現実にできるような『 クラブ 』を設立したいです。

『 東日本大震災 』 復興支援で被災地へ何度か、伺わせていただきました。

そこで、出逢った、様々な『クラブ』は、地域コミュニティーが、薄れて行く現代において、

地域に貢献し、地域を支え、地域とともに生きて行く姿がありました。

様々な夢が、成長し、地域の人たちがクラブというものの有り難さを実感しているようでした。

8ヶ月経って、震災前よりも会員数が増えてきたというお話も伺いました。

子供たちは、将来、夢を、自分の手で創造できるようにと、プロであるクラブマネージャーや各コーチから指導を仰ぎ、

日常的に訓練に励み、その成果は、もうすぐそこまで、来ているように感じました。

すばらしい環境が、すばらしい人間を創りあげること、すばらしい人たちが、その環境をさらにより佳く創造していくこと…

私は、3.11を境に、これまでの時代とは違った流れを感じている一人として、

新しい未来を創造するために、皆様とともに、宮崎という地域を代表する総合クラブチームを設立したいと考えています。

スポーツ・レジャー・カルチャー・ライフスタイルに関わるプロフェッショナルチームを地域で立ち上げ、

プロが、未来のプロを育てる育成環境つくり、日常的な健康増進活動、地域のネットワーク創り、

地域が一体になるコミュニティー創りに取り組んで参りたいです。

私には、財産も手に余るものは何もないですが、求められているものを感じているが故に、行動あるのみです。


お互いの『 夢 』で繋がろう。それが、このチームの合い言葉ですね。


これまで、地域では、様々な取り組みが行われる中で、子供たちが抱いてきた 夢 が、現実に変わるとき、

その夢をあきらめ、生きて行く事と、夢とが、切り離されて考えられるようになり、

夢と結びつくような、その環境づくりに励むことが、大変厳しい状況にありました。

その環境づくりには、確かに、大きなお金が必要なのかもしれません。

これまで、 夢を 現実にするには、地方ではなく、都会に出て、都会で活動したり、

大手企業にスポンサーになってもらったり、他県の大学、時には国外の大学へ行って勉強したり、

地域で育ち、地域で活躍する プロフェッショナル が生まれる環境創りがうまく行っていませんでした。

スポーツや、レジャー、様々な習い事が、趣味として、ライフワークに切り離され、仕事は仕事、趣味は趣味。

人生において、楽しみとなりえる『 夢 』の部分が、生活と完全に切り離されて考えられてきました。


夢では飯食えない。それが、これまでのやり方です。


しかし、これからは、絶対に違います。一人一人の意思が変わるとき、お互いの夢が繋がり合うとき、

それはすでに夢ではなく、現実となります。



新しい時代の到来、その未来を創るのは、私たち一人一人の力です。

この取り組みは、私だけの取り組みではなく、皆様と一緒に行う取り組みです。

只今、協力してくださる皆様と、深くアツく語り合うためのプレゼン資料を作成中です。

ご興味のある方は、説明会開催します。どうぞよろしくお願いします。





  

Posted by ケースケ at 03:37Comments(0)あかるいひとりごと

2011年12月14日

光が指し示す方へ。



こんばんは。

シイケイスケです。


これからの時代、私たちは、場所や、時間に拘束される事なく、

自由な、生き方のもと、天命を全うすることを

新たに創造された環境の中で行っていくことになるでしょう。

日本人は、古来より、見えないものの力を信じ、

それとともに、私たちが生かされている事を知っている民族であります。

それを、意識しているか、していないかに関わらず、私たちの身近ないたるところで、

見えない力が、私たちを生かしているはずです。

与えられた命や、与えられたものには、必ず、与えられたる理由が存在し、

だからこそ、日本という国に生まれ出たことも、必ず、理由あっての事であると私は考えております。

その理由とは、何でしょうか?

私は、その理由として、日本には、模範の国となれるよう、運命づけられた機会が与えられるのだと考えています。

模範の国の中で、模範の人となれるよう、機会が与えられた使命にある人は、

今、まさに、新しい時代に即した環境創りに取り組んでいるはずです。

私は、これから、皆様とともに、新しい環境づくりに取り組もうと考えております。

もっと、深く言うと、

場所や、時間という概念に束縛される事なく、

自らに与えられた使命を、全うするがための才能や能力を磨き得ることができ、

それらを世の中に発揮できる環境づくりに取り組もうと考えております。


その、新しい時代に必ず必要になる、新たな環境創りのために、重要なことがあります。


それは、従来の考え方や方法を、洗い浄め、新しい方法と、新たな思考を以て、立ち向かわなければならないという事です。


それは、勇氣のいることですが、必ず、必要であり、その思考や、方法を以て、目的は達成されると信じています。

なぜならば、この目的は、私だけの目的ではなく、共感する多くの人にとって、必ず必要なステージであると考えているからです。


科学や、医学が発展する一方、それに相応して、精神力の低下があったり、新たな病が蔓延したり、

文明の進歩というものは、進歩する一方で、儚いものです。


多くの機会が与えられる現代において、その機会を活かしきれず、

煩悶と、憂いと、不安と、恐怖と、不健康で毎日を過ごしている人も、少なくないはずです。


これまでの、やり方や、考え方では、うまく行かなかったことが、

新しい考え方と、行動とで、必ずうまくいく理由は、

そこに、科学的にも証明できる真理が働いているからであります。

私は、それを知った以上、それに基づき、与えられている使命を全うするために、

努力させていただきたいと考えております。

これから、楽しみです。

  

Posted by ケースケ at 03:44Comments(0)あかるいひとりごと

2011年12月09日

勇敢な精神を自らに求めよ。

こんばんは。

今日は、冷え込みますね〜☆雪の降らない街として小渕健太郎さんの故郷として、

宮崎は、雪が降らないんだけど、朝夕は寒い街です。笑

大陸からくる寒風は、霧島連山を通過する際、氷点下3℃以下になり『 霧島おろし 』と呼ばれる季節風が乱吹きます!

宮崎の大地を駆け巡る、乾燥した霧島おろしが、千切り大根を乾かしました。

人々は、冷たい季節風を逆に利用し、乾燥させ保存することで郷土の食として、愛したんですね!

宮崎の千切り大根は、日本中だけでなく、

ちょうど一年前、ロサンジェルスで発見しました〜☆

(嬉しかったな〜☆)




と、そんな訳で、昔の人は、偉いです。


今日の話題として、お一人、宮崎を代表する偉い人を紹介させていただきたいとおもいます。

宮崎にも、凄く偉い人がいるんです。

安井息軒先生! 清武の皆様にはなじみ深い。



安井息軒先生については、興味ある方は、ご自身で調べてください。

(リンクも貼りませんので(笑))


来年から、私は、 『 クラブ 』を設立しようとしています。と、先日お伝えしました。


この、安井息軒先生と、この クラブ 設立の動機には、大切な要素が重なります。


安井息軒先生は、儒学という学問を学ばれたお方ですが、

この、儒学の中のエッセンスが、いかに重要か?ということを、私たち人間は、5000年の歴史の中で、

幾度も幾度も、学ばされているのです。

要するに、儒学の中のエッセンスとは、何ぞや?といいますと、

それが、『 精神 』という事でありますね。

『 人としてのありかた 』、といいましょうか。


どのような歴史背景であれ、どんな時代背景であれ、環境であれ、境遇であれ、

身分が、低くても、高くても、

肩書きや、貧富の差や、国境や、人種や、とにかく、なんであれ、

この、『 精神 』というものだけは、考えてみれば、捉えどころのない、見えないものでありましょうが、

平等に、人に与えられているものであると考えられませんか?

むしろ、運命的に、恵まれず、生きる環境がままならない人生を送っている方の方が、精神的にたくましく、

精神性が高いと、言える事もあるはずです。

この、『 精神 』というものが、如何に、重要であるか!ということは、精神科の先生に聞かなくても分かるはずです。

今更ながら、言うまでもない事なのかもしれませんが、

今更、言わなければならないほど、(笑)この重要な根本要素が、どこかで欠けているばかりに、

人生的にも、運命的にも、健康的にも 恵まれない方々が多い現代である事は、大変残念な事であります。


その、

精神という、人としての大変重要な根本的な部分を、

安井息軒先生は、幕末の藩士が集まる都会での活動から身を引き、『 宮崎の田舎でこそ、人とともに精神を育むべき。』と考え、

人々の心の中の畑を耕すことに生涯、尽力された方なのでありますね。



日本人は、外国の著書や、学者の言葉を、日本人が遅れをとっているかのように、

慌てて、解釈する事があるようです。

その一つが、『健全なる精神は健全なる肉体に宿る』という言葉であり、考え方です。

そうではなく、本当の答えは、

『 健全なる肉体は、健全なる精神を持つものに与えられる 』です。

『 精神 が先なのです。』

どんなに、肉体を鍛え上げても、精神が弱い人は、病になります。

どんなに、肉体を鍛え上げても、精神性が欠如した人は、

運命的にも、健康的にも想い通りの人生を歩む事はできません。


反対に、精神を重んじ、しっかりとした精神を持った人というのは、

どんな困難が訪れても、精神が頑丈であるために、打ち克つ事ができ、

結果、人生の主役として日常を創造することに集中する事ができ、健康的にも、運命的にも恵まれる事になるのです。

ちなみに、上記の 『 健全なる・・・ 』の始まりは、

デキムス・ユニウス・ユウェナリスというローマの詩人の言葉からです。


……強健な身体に健全な魂があるよう願うべきなのだ。

勇敢な精神を自らに求めよ。死の恐怖を乗り越え、

天命は自然の祝福の内にあると心得て、

いかなる苦しみをも耐え忍び、

立腹を知らず、何も渇望せず、

そして、ヘラクレスに課せられた12の野蛮な試練を、

サルダナパール王の贅沢や祝宴や財産より良いと思える精神を。

私は、あなたたちが自ら得られることを示そう。

必ずや 善い行いによって平穏な人生への道が開けるということを。



(なんか、ヘラクレスとか、サンダーバード王?あたりからよく分からないんですが・・・言いたい事は理解できます。)

要するに、肉体だけを鍛え上げていた当時のローマ時代に、

秩序が乱れ、精神性が低下し、あるべく姿を失った社会のあり方を嘆いた詩なのですね。


 私は、 『 クラブ 』運営の出発点は、必ず 『 精神 』 に あると思います。


精神性の向上なくして、

技術の向上も、人生そのものも、上手くは行かないと考えています。

自らが、人生の主役となり、想い通りの豊かな日常を歩みたければ、

何をおいても、出発点である『 精神 』を磨くことに取り組まなければならないと考えます。


 『 クラブ 』では、様々なコンテンツを通して、種目ごとの技術の向上だけでなく、

  まず、人として、
 
  人生の主役として、

  自らの頭脳や、才能、総力のすべてを発揮することのできる精神を磨き、

  心と、身体の調和するところに、その目的の第一を持ちたいと考えています。

  それから先は、個人が氣づき、決める事です。



 現代の 教育の方法の中に、『 精神 』を重んじる教育が乏しい事を、

 私は、私の経験の中で感じています。

 現存の教育制度で足りなければ、『 クラブ 』がそれを補完できるように、

 人として・・・という意味においても『 プロフェッショナル 』を、多くの有識者の方々とともに育てたいですね。



 ぜひ、ご協力願います。

  

Posted by ケースケ at 02:57Comments(2)あかるいひとりごと

2011年12月07日

新しい時代の到来!


こんばんは。

はじめて、来年からの計画の話をします。

来年、3月で、モノラルは3周年を迎える事になります。

私は、東日本大震災が起きたとき、これまで通り、あたりまえの飲食事業をしていては、

時代に即さないことを、実感いたしました。

3月11日に、お店を閉めて、2ヶ月間、復興支援活動に駆け巡り、

現地での経験や、宮崎での活動を通して、

見えてきた事がありました。

それは、コミュニティーという大切な繋がりが絶対必要だと言う事。

どんなに時代や環境が変化しても、それだけは決して変わる事のない根本的なことであり、

あのような震災が起きたときに、普段から繋がりを持つコミュニティーは、強い強い協力体制において、復興も格段に早く、

強く逞しく、日常生活を取り戻すことに成功していたのです。


私が、現場にいた、そのときは、氣づきませんでしたが、

改めて、考えたとき、

新しい時代に、コミュニティーというものは絶対必要で、これからの時代に即したビジネスモデル、ライフスタイルではないかと

実感したのであります。

コミュニティーといっても、現代に即したコミュニティー創りです。

かつての村社会を再生することに限らず、新しい視点で、コミュニティー創りを行って参りたいと考えています。


それに伴い、来年から人生を懸けて取り組む事として考えついた答えは、

 『 クラブチーム 』を創る事です。

種目や、カテゴリーは、様々なものがありますが、

それを選択できる統括したクラブチームを設立します。


詳しい構想については、現在調整中です。


大まかな構想は、『 クラブ 』が、会員を募り、各プログラムを案内したり企画したり統括する。

其々の種目には、ガイドとなる専属クラブマネージャーがおり、クラブに登録したゲストを案内。

例えば、『 マリンリゾート・マウンテンリゾート・シティーリゾート・スノーリゾート 』などの分野を分けて

青島や、日南、南郷や、日向、延岡、都城、高千穂、宮崎県内外、九州、時には海外というフィールドを駆使し、

クラブに登録されたゲストと共に、ライフスタイルを豊かにできるようなプログラムを展開する。


クラブハウス内は、カフェやダニングバーとして、利用できる他、クラブ内通貨を発行予定。

月額一定の金額でクラブを運営して行く予定。

その他、各プログラムによって若干の経費は発生する可能性あり。

ゲスト自身が、クラブ運営に関わる事の出来、クラブ内で利用できる通貨を獲得できるプログラムや、

ゲスト自身のリクエストにより強化されるプログラムなど、

クラブ自身が生き物のように、自在に変化し、日々進化し、地域にプロフェッショナルを数多く誕生させる事を目的とし、

クラブの成長とともに、地域社会の向上、自主自立のための勉強会、そうした精神面までも、

クラブに関わる皆様とともに向上させて行きたいと考えています。

様々なプログラムで、皆様とコラボレーションしたいと考えておりますし、

皆様にとっても魅力あるクラブ運営を行って参りたいと思います。


まだ、構想段階ではありますが、クラブ運営に興味がある皆様をお招きして、

プレゼンテーションを行う機会を設けますので、

ぜひとも、よろしくお願いいたします。


ご協力いただける皆様に心より感謝申し上げます。








☆イベント情報☆




☆12月24日 & 25日 ☆ クリスマスな2日間!

☆アオシマンモノラル クリスマスパーティー☆

☆青島のモノラルにて開催される三年目にして、第一回目のクリスマスパーティー☆

24日 19時〜22時30分

25日 19時〜22時30分


大人が集う、クリスマスパーティー!!

企画1【 プレゼント交換会 】

 オトナたちが、輪になって、クリスマスプレゼントを交換します。
 
☆ルール☆
音楽に合わせて、右手の人に自分のプレゼントを回す。
音楽が止まったら、それがあなたのプレゼント。


企画2【 オトナの宝探し大会 】

店内随所に隠してある お宝の当たりクジを探し当てる大会。
誤ったくじには、罰ゲームもあります。

企画3【 秘密 】

絶対に忘れられないおもひでを…この夜に(ニヤリ)


クリスマスパーティーのフードを用意して、皆様のお越しをお待ちしています☆

【 準備するもの 】

その1、参加費  前売予約 2,000円  当日参加 2,500円 (ドリンクは各自別途ご注文お願いします。)

その2、センスのいいプレゼントもしくは、センスのヒカルお笑い系プレゼント( 予算500円以上 1000円以下 )

その3、ワクワクした氣持ち!



このイベントは、24日、25日 両日の開催です!!両日参加される方は、両日価格での参加費3500円です。
(別途ドリンクご注文お願いします。)

このイベントを手伝ってくれる方募集中です♪ 3名まで募集中! 事前にお知らせください。
(お手伝いクルーの皆様は、参加費☆無料で参加☆)  

Posted by ケースケ at 02:55Comments(0)あかるいひとりごと

2011年12月01日

共に歩む道


こんばんは。

いつも、モノラルブログを拝見していただき本当にありがとうございます。

久しぶりの更新失礼いたします。


2011年という年は、本当に、機会と、試練の多い、一年でございました。

のこすところ、12月の一ヶ月。

早いものです。

この一年の始まりは、アメリカからでした。

この一年間で、私が経験させていただいたことは、導かれるままに行った出来事ばかりです。

何に導かれたかと言うと、それは、内なる声です。

インナーボイス。声なき声。それは、精氣です。

皆様も、きっと、私と同じような事を経験されておられると思いますが、

無意識、有意識に関わらず、

『 そんな氣がする。 』という 何氣ない 氣を 読んだ結果、

その氣のままに行動したことを、導かれたと解釈している訳です。


私が、その氣を読みとき、忠実に行動する事が、私自身にとって、大変幸福な時間を得られる事に氣がついた今、

私は、力強く、その氣が導くままに、生きて行く事を厳かに誓うのみであります。


私が、この氣と、対話できるようになったのは、

去年の夏ほどです。

それまでは、きっと、無意識に導かれることもあれば、自意識に、行動していたのだと思い返します。

自意識に行動したとき、それがうまく行かなかった事がほとんどだったと思います。

しかし、無意識にしても、自意識にしても、導かれるままに、今、現在まで、私がたどり着けた陰には、

大いなる精氣が、私を導いてきたのだと言う事を疑いなく信じる事が出来るのです。

それまでの私自身の行動を反省し、与えられるものの最善たるを知り、

求めざるに与えられた恩恵に感謝し、日常から学びえることに喜びをもって取り組み、

毎日を颯爽溌剌と生きていきたいと考えています。

最近、改めて考えてみますと、人間は、崇高な氣を司っている生き物だという事を実感しております。

思考したもの、想像したものを、創造する事の出来る生き物は、

地球上、人間にしか与えられていない特別な力であります。

その創造力を、出来る限り、正しいカタチで発揮したいものです。

思考したものを言葉にする事が出来る能力も、人間に与えられている特別な力の一つです。

正しい言葉、氣持ちのよくなるような言葉、明るい言葉、優しい言葉、

言葉が、言霊(ことだま)と言われるように、言葉には、発せられた人間の氣が、その言語と共に受け取る側へ発信されるのです。

同じ言葉を聞いても、人によって、感じ方が違っているのは、当然の事実です。

発せられる人間の氣が、言語よりも重要なのは明らかです。

私は、ピアノを習っていましたが、音楽も、テクニックではないことは、皆様も理解できると思います。

もちろん、テクニックも重要ですが、やはり、発せられる人間の氣が何よりも重要なのは明らかな事です。


 『 氣 』というのは、地球上はもちろん、大宇宙に存在する私たちの根源であり、無限大の宇宙そのものだと思います。


それを、エネルギーと言うか、氣というか、プラーナというか、

言い方は其々にしても、

同じものを指していると思います。

その存在が私たちの肉体を通し、おおいなる精氣として、発現できるとき、その人間は、その人生の主体となり、

生き甲斐を感じながら、生命力溢れんばかりに生きて行く事が出来るのでしょう。


私たちが、私と認識できる肉体を与えられた理由が、必ずあります。

その使命、天命、役目は、其々でありましょうが、私たちが、その大いなる氣を取り入れるとき、

私たちに与えられている能力や肉体は、すでに完全であり、病も、不幸も、不運命にもない、

完全で、幸福で、健康で 運命的にも恵まれ、何よりも、生きている事に感謝感激の毎日である事は間違いありません。


これは、宗教でもなんでもなく、この宇宙に基づく真実であり、事実です。


そうした おおいなる精氣 という存在を無視し、軽視し、

肉体本位、自意識本位での生活を続けるあまり、

生き甲斐も感じられず、病に見回れ、不運命に苛まれる方々が現代社会に多いのは、大変残念な事です。


何のために、私たちは、命を与えられ、何のために、その機会を与えられたのか?

その答えを外に求めるのではなく、内に求めます。

佐藤一斎の言葉を思い出します。

人須(すべか)らく

自ら省察(せいさつ)すべし。

天 何が故に我が身を出生する、

我をして果たして何の用に供せしむる。

我 既に天物なれば、必ず天役有り。

天役供せざれば、天咎必ず至る。

省察して此に到れば、則ち我が身の苟(いやし)くも

生くべからざるを知る。


人は必ず自ら反省して考察すべきである。
「天は何ゆえに自分をこの世に生み出し、何をさせようとしているのか。
自分は天が生んだものであるから必ず役割がある。
その役割を果たさなければ天罰を受ける」と。
ここまで考えが明らかになると、いい加減に生きる訳に行かないことが分かってくるだろう。


何のためにその機会が与えられたのか?

その意味を紐解くとき、私は、私に与えられた使命を感じる事が出来ます。

大いなる宇宙の精氣に導かれ、大地自然、宇宙全体の精氣が私の心と結びつき、

私というパイプを通って流入し、溢れる熱誠を持って活動する事が出来ます。


生きる喜び、運命的にも、健康的にも、豊かな日常を、これからも多くの方々と創造していきたいと思います。

そのための努力をし、大いなる宇宙の精氣とともに生きる毎日を、私は喜びを持って味わいたいものです。


いつも、有り難うございます。






☆ モノラル イベント情報 ☆

12月4日に、異業種交流会 & 宮崎の味覚大会を行います。

持ってくるものは、ワクワクした氣持ち と 参加費、1,000円 

美味しい宮崎の味覚を用意してます♪ 
(別途お飲物などはご注文お願いします。)


モノラル式 異業種交流会とは…
参加者の皆様が、それぞれGUESTになり、
一人 6分程度
サイコロで決まったテーマに沿ったスピーチを行う。

(サイコロの目 例 
 人生を変えた話  旬な話  ムフフな話 )などなど。
最優秀GUEST賞 には、豪華?景品あり。
有意義なおしゃべり場になりますように。ご参加お待ちしております。


12月24日 & 25日 ☆アオシマンモノラル クリスマスパーティー☆

☆青島のモノラルにて開催される三年目にして、第一回目のクリスマスパーティー☆

24日 19時〜22時30分
25日 19時〜22時30分


大人が集う、クリスマスパーティー!!

企画1【 プレゼント交換会 】

 オトナたちが、輪になって、クリスマスプレゼントを交換します。
 
☆ルール☆
音楽に合わせて、右手の人に自分のプレゼントを回す。
音楽が止まったら、それがあなたのプレゼント。


企画2【 オトナの宝探し大会 】

店内随所に隠してある お宝の当たりクジを探し当てる大会。
誤ったくじには、罰ゲームもあります。

企画3【 秘密 】

絶対に忘れられないおもひでを…この夜に(ニヤリ)


クリスマスパーティーのフードを用意して、皆様のお越しをお待ちしています☆

【 準備するもの 】

その1、参加費  前売予約 2,000円  当日参加 2,500円 (ドリンクは各自別途ご注文お願いします。)

その2、センスのいいプレゼントもしくは、センスのヒカルお笑い系プレゼント( 予算500円以上 1000円以下 )

その3、ワクワクした氣持ち!



このイベントは、24日、25日 両日の開催です!!両日参加される方は、両日価格での参加費3500円です。
(別途ドリンクご注文お願いします。)

このイベントを手伝ってくれる方募集中です♪ 3名まで募集中! 事前にお知らせください。
(お手伝いクルーの皆様は、参加費☆無料で参加☆)

  

Posted by ケースケ at 03:20Comments(0)あかるいひとりごと