モノラルHPへもどる

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2012年01月10日

理想の人生




2011年、3月11日から、一ヶ月後の、4月11日〜約一週間、

私は、宮城県に向かいました。

被災地は、まだまだ日常生活を取り戻す事ができず、普段、地域を主導し、把握しているはずの公的機関が

全くといっていいほど機能しておらず、

現場には、混乱と、疑心とが、点在しておりました。

もちろん、それだけではなく、思いやりと、受容と、愛と、模範となる方々とも多く出逢いました。

それは、もう様々な機会が、あちらこちらに鏤められていました。

日本全国の皆様にとっても、衝撃的だった、その尊い機会のなかで、

当事者ではないという立場にもかかわらず、

ご支援を、させていただくという貴重な機会をあたえていただき、

また、客観的な立場で、このような機会を垣間みる事ができた事は、

宮崎県内で後方支援をしていただける皆様にとっても、これからの社会を創造する皆様にとっても、

ぜひとも共有したい、そして、共感したい、

大変多くの反省点と、成功のヒントがあったのではないかと、

ようやく、その経験を整理する事に至るのであります。


私は、何のために?誰のために?どうしてそれを行うのか?という人生の目的をハッキリと理解し、

自己の使命を全うする事に努める人生の重要性を、一番に、感じたのであります。


そして、最も大切なことは、自己というものの存在価値は、『どうありたいか』という

理想の自分自身を客観的に意識できるところに依り、決定されるということに氣づいたのであります。


私は、これまで、自分自身の人生や世の中に対し、『こうなりたい』という想いが先行していたような氣が致します。

しかし、今、私自身が何かになる事が、私の理想ではないとハッキリと氣づきました。

何かになる事を、目的とせず、世の中や、自分以外の人にとって、自分自身という経った一人の私が、

『 どうありたいか? 』という客観的な視点で自分自身を省察する事の重要性。

微妙なニュアンスの違いですが、とても大きな違いがあると思うのです。

今すぐに、理想の自分に近づけるよう、自分自身に頼れるだけの

能力を普段から磨き、世の中にそれを発揮する事で、自己の才能や、能力、与えられたものの全てを、さらに磨き、

世の中にとって、自分自身がどうありたいか?という理想と信念を、常に、心して、日々取り組む事が必要であること。


自分自身が『何かに成ること』が全てではなく、すでに、私たちは成りたい自分に成る事ができるように、

尊い世界に身を置いていることに氣づかなければならないのです。

何かに成るという事だけを目的としないように、私は、すでに、信念という素晴らしいパワーを使って、

人生に最善を生み出す事を日常的に味わっております。



信念とは、最善のみを心に抱く状態を言う

それを育み それに心を集中し

それを強調し それを映像化し

それを祈りにし それに取り組め

さうすれば 大宇宙の力によって助けられた創造的な心の力が

最善を生み出す




信念が、私たちを、理想の私へと導いてくれます。

氣高き理想とともに生き、信念を強くし、

皆様にとって、世の中にとって、大切な人にとって、誰かにとって、

『どうありたいか?』という客観的な視点で、理想の人生を歩んでみようと心しているところです。

与えられている機会の全てに心から感謝します。

いつもありがとうございます。  

Posted by ケースケ at 02:19Comments(0)あかるいひとりごと