モノラルHPへもどる

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2012年04月20日

積小為大 



先日18日は、UMKテレビ宮崎様のスーパーニュースに青島モノラルが取り上げられました。

お客様からの、多数のお問い合わせ、本当にありがとうございます。

これから、青島は花と緑に包まれて、とてもいい雰囲気になります!

ぜひ、青島に来られた際は、JR青島駅すぐ近くの【青島モノラル】へお越し下さい☆

たくさんのお問い合わせの中で、とても多いご要望がございました☆

それは、

【 ワンちゃんを連れてきたい 】というご要望です。

現在のところ、ウッドデッキスペースにて、ご対応させていただきます!

他のお客様のご迷惑にならないように、マナーをお守りいただけるようにお願いします。


現在、ウッドデッキ用に、テーブルや、いすを製作中です。

お楽しみに☆


先日は、【ガイアシンフォニー第四番】の上映会に行って参りました。




大変感動しました〜。

改めて、アタマやカラダ、ココロというものは、一種の道具のようなもので、私たちの本質は、【精氣(霊氣)】であり、

【氣】の力を存分に発揮するために、アタマ、カラダ、ココロを一致させ、

人生を幸福と希望とで、満ちあふれた機会にしなければならないと思いました。


私は、今、目の前に与えられている事を、一つ一つ、こつこつと積み上げるのみです。

【積小為大】という言葉の通りです。

二宮尊徳さんの言葉です。二宮金次郎とも言われます。

二宮尊徳さんの【 勤労、分度、推譲 】の精神は、本当に真理に即した生き方です。

自分の行うべく、毎日の勤めが世の中に貢献する。【勤労】

そうして得た、対価で

自分の身の丈にあった節度ある生活を慎む。【分度】

無駄な浪費を避け、使うべきものに使う。

そうして、蓄えたものを、さらに社会に還元し世の中に貢献する。【推譲】


尊徳さんは、勤労、分度、推譲のあるところに富は集まるといっておられます。

これは、たとえ話ですが、

一粒のお米を、今、食べてしまうのは、鶏や、獣、動物と同じような行動で、一粒のお米は、それきりです。

人間は、この一粒を、春に、田んぼに植えることで、秋には、150粒の米になってから、お米を頂く事ができます。

それは、人間が、ココロを統制し、田に米を植えるための行動をし、育み育てた結果、

米には、150粒を稔らせる【 徳 】が眠っており、その徳が、米という形に変わって、稔っている。と尊徳さんは言います。


ものや、生き物には、それぞれの徳があり、その徳を掘り起こし、大切に育て、その実りの一部をいただくことにつとめ、

余りを、世の中に譲り、未来に譲る事ができれば、絶対に、私たちは、飢える事も、貧乏になる事もありません。


積小為大の精神で、コツコツ、積み上げていきます!!!



いつも、ありがとうございます!

大事を為さむと欲せば、小なる事を怠らず勤むべし

小積もりて大となればなり

およそ小人の常、大なる事を欲して小なる事を怠り

出来難き事を憂いて 出来易き事を勤めず

それゆえ終に 大なる事をなすこと能わず

たとえば、百万石の米といえども、粒の大なるにあらず
  

Posted by ケースケ at 03:32Comments(0)あかるいひとりごと

2012年04月15日

感謝をするということ。



2011年3月11日のことは、私たちにとっても、決して忘れる事のできない出来事であります。

そして、福島原発の事故のことは、今、現在も、予断を許さない状況にあります。




様々な、機会を、決して無駄にはしない。





私は、多くの皆様と同じように、あのひ、あのとき、大変衝撃が走りました。

私たちの日常を、根底から揺るがす、災害の脅威に、誰もが驚き、不安になりました。


人生において、平穏な日常が、どんなに幸せで、幸福な事かを、

非日常に陥って、そのとき、分かるというのは、とても、残念な事だと思います。


菜根譚(さいこんたん)という書物に、


戦争が起きて、初めて平和のありがたさがわかる。

病気になって、初めて健康のありがたさがわかる。

これでは、先見の明があるとは到底いえない。

幸せを願いながらも、それが不幸の原因になることを知っており、

長生きを望みながらも、その先に死が待つことを知っている・・・

そうした人こそ、賢人といえる。



ということばがあります。


先見の明をもって、生きていく事を、私の理想としたいです。


毎日、平穏な日常に感謝し、平和である事、日常が穏やかである事、

ご飯が食べられて、仕事ができて、布団に眠る事ができて、家があって、

家族がいて、愛する人がいて、

当たり前だと思っているすべての機会に、感謝できるような日常を過ごしたいです。


毎日、毎日、当たり前だと思っている事の重要さに感謝する事ができる人は、

たとえ、非日常に陥ったとしても、そこから立ち上がる

心の準備ができていると思うのです。


なぜならば、平穏な日常、当たり前だと思っている幸せな毎日は、

反対から言えば、非日常ではない毎日と言えるように、

戦争と平和、病と健康、そうした出来事は、表裏一体であるからです。



私は、本当に、毎日を味わうために、いつも心に、感謝することを忘れはしません。

それは、感謝することで、

私たちが、わざわざ、非日常を体験することなく、

毎日の平穏な日常を幸せだと感じるための大切な心の整理です。


毎日に、感謝をして、当たり前だと思っている事に感謝をして、

私は、今、与えられる機会を楽しみながら、幸せを感じながら、

それでも、たとえ、非日常に、陥ったとしても

平和のありがたさ、家族とともに生きていける有難さ、命がある有難さ、

挑戦できる有難さ、与えられる全ての機会に、感謝をしたいです。



2012年の3月11日に、私は、明治天皇の 教育勅語 を改めて拝読しました。



そして、日本人として、一人の男として、大人として、自分自身の役割を全うしたいと改めて思いました。


今、私の目の前にある、やらなくてはならない仕事を、有難く取り組み、

いつも、いつのときでも、感謝を忘れず、生きていきたいですね。

いつも、ありがとうございます。



教育勅語 

私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、

日本の国をおはじめになったものと信じます。

そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、

今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、

もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、

私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。 

国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、

夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、

そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、

学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、

さらに進んで、社会公共のために貢献し、

また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、

非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。

そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、

また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、

さらにいっそう明らかにすることでもあります。

このような国民の歩むべき道は、

祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、

この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、

また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、

私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、

立派な日本人となるように、心から念願するものであります。


明治天皇 教育勅語 口語文訳  

Posted by ケースケ at 04:44Comments(0)あかるいひとりごと

2012年04月14日

降り注ぐ幸福のたね。



【 なんのために 】

という、意味を知ってこそ、私は、その出来事を与えられたという本質的な部分を感じる事ができると思うのです。

与えられた、意味を知ってこそ、その意味にかなう行動や言動ができると思うのです。


尊い機会を与えられたという意味を、何も考えず、それを受け流すよりかは、

【なんのために】私は、このような機会を与えられたのか?という本当の意味を知り、生きていく方が

たった、一度の人生を、後悔する事なく十分に活かす事ができると思うのです。



【与えられた機会の意味を何も考えずに、毎日を生きている人の事を凡人という】


という言葉があります。



与えられる機会は、さんさんと降り注ぐ太陽の光や、しんしんと降り注ぐ雨のように、

私たちが求めていないのにも関わらず与えられるものであります。

私たちは、毎日毎日、

求めていないのにも関わらず、多大な恩恵を与えられていると思うのです。


【 恩恵とは、求めていないのにも関わらず、あたえられるもの 】


大自然が私たちを活かしてくれます。

求めてい何のに、与えられるものを、恩恵と言わずして、なんと申しましょう。


恩恵というものは、決して、求めて与えられるものではありません。

だからこそ、求めていないにも関わらず与えられる機会のすべてが、私たちにとって、恩恵であると思うのです。


【なんのために】を、真剣に考え始めますと、たとえ、不運や、不健康でさえも、

求めていないのにも関わらず、与えられる恩恵であると思うのであります。

そうした出来事を与えられるからこそ、人は、その命を与えられた意味を悟り、

人生の誤りを見直す機会になると思うのです。

そうした、艱難辛苦を味わう事なく、命が取り上げられてもおかしくないはずなのに、

私たちを活かす、大自然の営みは、営々と、どんな人であっても、

求めざる多大なる恩恵を、お与えになるのであります。

改めて、考えますと、本当に、有難い限りです。


私は、今日という尊い一日の中で、求めていないのにもかかわらず与えられるものが数多くあります。

そのすべてが、恩恵であり、私は、多大なる恩恵の中で活かされているのだと思います。

【なんのために】その恩恵が、私に与えられるのでしょう。

与えられる全ての恩恵を、幸福という花がさく種だとします。

私は、その種が、目の前で、さんさんと降り注ぐのを見て、その種のすべてが芽を出すような、畑を準備したいと感じるのです。



幸福というものは、どこか遠くにあるものでも、いつかやってくるものでもなく。

太陽の光や、降り注ぐ雨のように、私たちに、いつの日も、いつのときでも、

目の前に降り注いでいます。



決して、求めていないのにも関わらず与えられる全ての機会を、十分活かし、

私に、与えられている機会のすべてを活かしていきたいと思うのであります。

【なんのために】私が今、ここに存在し、なんのために、このような機会が与えられるのか?という意味を、

多大なる恩恵のなかで感じるのであります。


降り注ぐ幸福の種を、しっかり育てようと思います。



  

Posted by ケースケ at 02:15Comments(0)あかるいひとりごと

2012年04月13日

評価は他人がするもの行動は自分がするもの!

本当に、本当に、

今の世の中を見て、過去から現在が創られていて、今という時間が未来を創造するという事を、

本当に、本当に、

私たちは、正しく捉えているだろうか??と、私は、最近思う事があります。

今だけを見て、良し悪しを決める事が、本当に、佳い事なのだろうか??と。

釈迦という人の言葉に、

【過去の因を知らんと欲すれば、現在の果を見よ。

 未来の果を知らんと欲すれば、現在の因を見よ 】

という言葉があります。


過去に生きていた人たちのお陰で、

私たちは、今、本当に、本当に、

豊かな日常を生きて、平穏な日常を味わう事ができていると思います。

そうした、現在の中にも、様々な不都合点や、見直さなくてはならない様々な問題点が山のようにあると、

私だけでなく、多くの方も、お氣づきでしょう。

そして、本当に、真剣に、それに向き合わなくてはならない時期に来ていると思うのであります。

そうした時期だと、私たちが、今を捉えたとき、

現在の、私たちの日常を創造し得た要因を知る事、過去に生きてきた方々が、創造しようとした未来が、

本当に、今、現在、私たちの目の前に訪れている未来なのか??

という事を、知らなければ、

これから創造しようとする、現在を、正しく捉える事ができず、

今を創造する準備に取りかかれないと、私は思うのであります。


私は、日本人として、という意識を、海外に出たときに、大変感じます。

そして、過去の歴史のなかにも、そうした意識を感じます。

わたしたちの祖父や、曾祖父がいきていた、70年ほど前にさかのぼれば、

私たちの日本という国が渦中のまっただ中にあり、世界的な大戦争が行われていたのです。

私は、その頃に生きていないからといって、

そうした過去が今、現在の私たちの日常と、どのようにも結びついていないとは思えません。

むしろ、そうした時代も含めて。もっと歴史をさかのぼっても、今、現在と密接に関係する因があり、

今、現在も、そうした、過去の出来事、歴史、様々な原因が、

確実に、今の時代を創造し、様々な問題や、出来事のすべてが、過去、現在、未来へと、忠実に繋がっている事を、

私は、実感しています。

そうして、私は、感じるがままに、私という可能性を引き出す事によって、より佳く活かされることに喜びや、幸福を感じ。

私が、生まれでてきた意味を感じる事で、生き甲斐を感じ。

だからこそ、私は、過去に、現在を想像し創造し、激動の毎日を生きた人とともに、

現在という 今を より佳く作り替える事を積極的に取り組み

未来という、まだ見ぬ想像の世界を、より佳いかたちで迎えるがために、

今を、創造する事に向き合うのであります。


まず、私に与えられている機会の全てを活かし、とにかく、行動すること。

【 行蔵は我に存す、毀誉は他人の主張 】(勝海舟)

行動は、自分のもので、評価は、他人の主張であるということを肝に銘じて、

行動する事、創造する事に努力する次第であります。


とにかく、私に与えられている機会を活かさなきゃ。


  

Posted by ケースケ at 03:51Comments(0)あかるいひとりごと

2012年04月10日

出逢い。




こんにちは。

シイケイスケです。

いつも、モノラルオーナーブログをご拝見いただきまして、ありがとうございます。


先日は、桜を見ながら、バーベキューでした☆いいお天気で、最高でした。

よりいっそう春を感じて、いろいろと動き出しそうな予感です。

私事でございますが、4月1日に、千襟さんという私の理想の女性と入籍いたしました。

彼女と出逢ったのは、2月11日に企画した、『青島周遊ミニツアー』でした。

青島神社は、やっぱり出会いの神様のいる場所です。

彼女とであったのは、明日で、ちょうど、2ヶ月なのですが、

お互いに、これまでの日常より、直感というものを大切にしてきたようで、

出逢う前から様々な予感と、様々なメッセージに氣付きながら、出会いの日を迎え、

出逢ったときから、お互いの理想であることを確信するようになり、

あっというまに人生のパートナーとして、一緒に生きていくことになりました。

だんだんと、理想の自分を意識して、理想の毎日に近づいてきたとき、理想の相手と巡り会いました。

これから、お互いの理想の毎日を創造するために協力し、世の中にとって、少しでも佳い影響を与えられるような

理想の夫婦となれるように、努力して行きたいと思います。

いつも応援していただいている皆様に、心から感謝いたします。
皆様のお陰で、与えられた機会を、十分に活かして行きたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

世の中には、偶然という出来事は、決してないと思います。

何事にも、与えられる意味があり、それは、必然であると思います。
因果応報という真理に、これからも従って、毎日、理想の日常を創造することにつとめていきたいと思います。


ぜひ、青島に来られた際は、お立ち寄りください☆

青島は、出会いのスポット☆

豊玉姫と、山幸彦の伝説の出会いと共に、

これからも多くの皆様が出会えるきっかけつくりをモノラルでも企画していきます!!

  

Posted by ケースケ at 20:51Comments(6)あかるいひとりごと

2012年04月08日

☆モノラルオーナーからのお知らせ☆






本日は、宮崎駅裏の中央公園でお花見☆

14時〜18時でやってます☆ぜひ、ご参加お待ちしてます!

ご参加いただける際は、ご一報、連絡ください☆

シイケイスケ 09071644739



☆アルバイトスタッフ募集のお知らせ☆



ただいま、モノラルでは、アルバイトスタッフを募集しております!

お昼 or 夜    お昼 & 夜

お昼の勤務11時〜15時頃

夜の勤務 18時〜23時頃


時給700円〜能力に応じて


青島の自由なカフェで、あなたらしく、一緒にはたらきませんか?

ダブルワーク歓迎!臨機応変に対応できます☆
 
詳細は、お電話にてお問い合わせください☆

担当 シイケイスケ 09071644739



☆ ガイアシンフォニー 第四番 の上映会のお知らせ ☆

2012年4月18日(水) 18:30開場
              ※21:45閉演予定

メディキット県民文化センター イベントホール

入場料 1000円 (前売りのみ)
※前売り分が売れ残った場合は当日分として
  販売致します。

◆申込みはコチラにアクセス!!◆
http://bit.ly/ynRaI1


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
地球交響曲 全七番 毎月上映企画
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

     人生の旅人
     in the World
       +1
      in Miyazaki

     -Vol.4-

     地球交響曲
    チャリティー上映
        ×
 人生を楽しく旅する宮崎人
    ミニトークショー


************

地球交響曲 全七番を、2012年1月~7月に
かけて毎月上映します。

また、宮崎でおもしろい人生を送る“人生の旅人”を
お招きして、上映終了後に『自らの人生観』について
語っていただきます。

なお、今回の収益のうち諸経費を除いた金額を、震災
直後から宮城県気仙沼市で復興支援を続けるNPO団体『底上げ』へ寄付します。

************

【第2弾 参加者の方々からの感想】

・とても素敵な時間を過ごせました!
その日その日を大事に生きていきたいです!

【20代女性】

・「きづき」の大切さを知りました!
人は気づくことで成長していくのですね♪
これからの人生のテーマの一つです(^^)

【30代女性】

・すごい良かったです(^^)機会があれば全部観たいですね(^-^)/

【20代男性】

・「忙しい」という事を理由にしてしまって大事なことを失ってしまっていたり、先を急ぎ過ぎてしまうけど・・・
手間を惜しまず、今を大事に・・・したいなぁ~と思った夜でした。

【30代女性】


―――――――――――――――――――――

■今回の上映ナンバー■

≪地球交響曲 第4番≫

21世紀は、人類のあらゆる営みの基盤にやわらかな“霊性”(スピリチュアリティ)が求められる時代になって来ると思います。

“霊性”とは、 「自分は、母なる星地球(ガイア)の大きな生命の一部分として、今ここに生かされている」ということを実感できる力のことをいうのです。

内なる“霊性”に目覚めることによって、人は謙虚になります。
日々の出来事に対して、感謝の気持ちを持って対処できるようになり、自分以外の生命のことを本気で考え、行動し、祈ることができるようになります。

見えないものを見る力、聴こえない音を聴く力だって甦ってくるかもしれません。

第四番は、子どもたちの中に必ず存在する、「内なる霊性」を激励するという強い想いを持って作りました。


監督 龍村仁



【出演者】

●タンザニアでチンパンジーからヒトの心のルーツを学んだ女性研究家

 ジェーン・グドール

●「地球はそれ自体がひとつの大きな生命体である。」ガイア理論の創始者

 ジェームズ・ラブロック

●「人と自然が調和する道は必ずある」と唱える、伝説のサーファー

 ジェリー・ロペス

●21世紀に生まれ育つ子どもたちへ、風からの伝言を伝える版画家

 名嘉睦稔


http://gaiasymphony.com/gaiasymphony/no04

―――――――――――――――――――――

■今回の人生の旅人■

椎 啓祐(しい けいすけ)さん
[1983年6月11日生まれ]

宮崎県宮崎市青島出身。

2002年、高校卒業後、農業機械販売会社に就職、 2005年21歳で起業し、
インテリアスタイリストとして、ショップや個人宅などの空間を手がける。

2006年に宮崎市橘通東に『カフェバースウィートビーチ』をオープン。

2009年、お店を宮崎市青島へ移し、『ダイニングバーモノラル』をオープン。一軒家隠れ家的カフェとして、2012年3月、3周年を迎える。

東日本大震災を機に、復興支援活動『みんなのありがとうを届けようプロジェクト』を立ち上げる。

支援活動を通して得た、数多くの氣づきや、これまでの経験を、たくさんの人と共有したいと考えている。

―――――――――――――――――――――

2012年4月18日(水) 18:30開場
              ※21:45閉演予定

メディキット県民文化センター イベントホール

入場料 1000円 (前売りのみ)
※前売り分が売れ残った場合は当日分として
  販売致します。

◆申込みはコチラにアクセス!!◆
http://bit.ly/ynRaI1

※申込みフォーム送信後、自動返信のメールに
チケット代金の支払先が記載されております。
併せてご確認ください。

―――――――――――――――――――――
《問合せ》
tel: 080-3476-8163 (とごえ)
mail : e_p_com@yahoo.co.jp 



ガイアシンフォニーとは・・・映画『地球交響曲(ガイアシンフォニー)』とは、イギリスの生物物理学者ジェームズ・ラブロック博士の唱えるガイア理論、「地球はそれ自体がひとつの生命体である」という考え方に基づき、龍村仁監督によって制作されたオムニバスのドキュメンタリー映画シリーズです。


21世紀は、人類のあらゆる営みの基盤にやわらかな“霊性”(スピリチュアリティ)が求められる時代になって来ると思います。
教育、文化、芸術の分野ではもちろんのこと、従来は“霊性”とは縁遠いと思われていた政治、経済、科学などの分野でも、それが最重要な課題になってくると思うのです。
なぜなら、“霊性”を持たない人類の営みが、我々人類だけでなく、この地球の全生命の未来を危うくしていることに、もう誰もが気づき始めているからです。
“霊性”とは、私たちひとりひとりが、日々の何気ない営みの中で、
「自分は、母なる星地球(ガイア)の大きな生命の一部分として、今ここに生かされている。」ということを、リアルに実感できる、その力のことをいうのです。

自分の内なる“霊性”に目覚めることによって、人は謙虚になります。
日々の出来事に対して、感謝の気持ちを持って対処できるようになります。
自分以外の生命のことを、本気で考え、行動し、祈る、ことができるようになります。
遠い未来を想い、遙かな過去を感じる力だって増してくるでしょう。
見えないものを見る力、聴こえない音を聴く力だって甦ってくるかもしれません。

そしてそのことが、結局、自分自身を最も幸せにするのだ、ということに気づき始めるのです。内なる”霊性”に目覚めるのに、必ずしも旧来の宗教が必要だとは思いません。

21世紀に生まれ、育つ子どもたちにとって、“霊性”に目覚める道は無限にあります。
科学、芸術、スポーツ、教育、経済、政治・・・・、
100人の人がいれば、100通りの道がある、というのがこれからの時代でしょう。

ただ、確認しておかなければならない大切なことが、いくつがあると思います。

まず第一は、「全ての人の中に“霊性”の芽が必ずある」ということへの揺るぎない信頼です。この信頼があってこそ、“霊性”に目覚める無限の道が開けるのです。

そしてもう一つは、「この“霊性”の芽は、育まなければ開花しない」ということです。
“霊性”と“自我”は同じ力の裏と表です。人間に与えられた最大の特性です。
放っておけば「自分さえ幸せであればよい」という方向に向かう力です。
だからこそ、“育む”ことが必要なのです。

ただ、その為に簡単なマニュアルはないでしょう。
なぜなら、“霊性”は究極的には、ひとりひとりが、自分自身の力で、自分自身のやり方で開花させてゆくものだからです。

だとすれば、21世紀に生まれ育つ子どもたちのために、今の私たちに何ができるでしょうか。私は「地球交響曲」という映画を通して、世界の何人かの人々の生き方、考え方を提示し続けたいと思っています。

彼らの生き様が、子どもたちの“霊性”を育むのに役立つか否かはわかりません。 ただ、「子どもたちの中に必ず存在する、内なる”霊性”を激励する」という強い想いを持って、この映画を作り続けます。
必ずしも、直接子どもたちに語りかける、という手法はとりません。

なぜなら、子どもたちの“霊性”を育むのは、映画そのものではなく、子どもたちの日常に直接触れている大人たちの中の“霊性”であるからです。

龍村 仁



  

Posted by ケースケ at 03:22Comments(0)求人!案内!