モノラルHPへもどる

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2012年10月24日

のされても、のしあがる人となれ!


こんばんは。

久しぶりに、更新します。

最近は、複雑な情報の中に、素晴らしいメッセージを感じるものや、

インターネットを きっかけとして、素晴らしい出逢いに恵まれたり、

めまぐるしい時代に、与えられている機会の全て、心から感謝をしています。



こんな時代だからこそ、情報に惑わされる事なく、

自分自身を省察し、自分に頼れる人間に成りたいものです。

私は、今年の初旬に、妻と出逢い、妻を通して、自分自身の事を深く知る事ができました。

自分自身の弱さ、情けないところ、頼りがいのないところ、自分自身が小さく感じる事もありました。

自分自身の弱さ、未熟さ、全てを受け入れる事ができるとき、

私は、ようやく、自分自身を楽しむ事ができるようになりました。

先日、20歳の友人が、四国八十八カ所巡りの旅からかえってきました。

お遍路の巡礼の旅の話を聞かせていただきました。

『 はじめの2、3日ほどは、ワクワクして順調な足どりも、

  だんだんと、歩くのが辛くなり、弱音がでるようになり、

  なんで、ここに来たのか?なんで、こんなに歩かなくちゃ行けないのか?
  
  過去に後悔している事や、自分自身の未熟さ、いろんな事を思い返して、

  自分自身の弱さに、嫌になりました。 』

  と、旅を振り返って、そのときの心境を教えてくれました。

その後、彼は、ひたすらに歩く旅の中で、

自分自身の未熟さ、弱さも全部、受け入れることができるようになっていったそうです。

そうする事ができるようになって、その後の旅は、順調に進み、八十八カ所を巡る頃には、

この旅の終わりが 達成する事の終わりではなく、これからの日常こそが、新しい旅への始まりだという事に氣付かれた様で、

佳い経験と成って帰ってこられたことが、とても伝わってきました。


自分自身と向きあい、自分自身の弱さ、未熟さ、それらを全て受け入れ、

日常という旅を楽しむ事。

宮崎弁に、『のさん』という言葉がありますが、

日常には、のさん想いをする事が多くあります。

それらを、自分自身に対する氣付きとし、

雑草のように、踏まれても、踏まれても、そこから成長し、

のされても、のされても、のしあがる人 となりたいものです。

たくさん『のさん』想いをさせていただいたからこそ、『のし』あがれると思います。


人生という旅、自分自身と向き合い、弱さ、未熟さを受け入れ、楽しみたいものです。

多くの人が、朗らかに、楽しく、今日という一日、幸せでありますように。


  

Posted by ケースケ at 03:30Comments(0)あかるいひとりごと