モノラルHPへもどる

2010年11月27日

てげてげ人生推進!

こんばんは。

シイケイスケです。

最近、いたるところで、『てげてげ運転追放!』と見るのですが、

『てげてげ』の解釈を、取り違えているように思うのですが…。

宮崎の素晴らしい言葉なのに、とても残念に思います。


ちなみに、『てげてげ』というのは、

私の解釈では、『無駄な力を抜いて、あなたらしくでいいよ!』

という、素晴らしい言葉のように想うのですが…。

どうなんでしょうか?

人には、その人のリズムがあります。

昔の人は、お互いのリズムの違いを良く理解されていたのではないでしょうか?


だから、『てげてげでいいんだよ!』と言ってくださって、

力んでいた無駄な力が自然と抜けて、

その人らしいリズムが発揮できるのでは?ないでしょうか?




言葉というのは、『言霊』と言えます。


私たちは、動物や、植物などの生きとし生けるものの中で、

最高の霊長類にあるわけですが、

創造主から与えられた素晴らしい能力の中で、

最も高度な能力が、言霊(ことば)だと思います。

本来、形のない魂が、言葉になって、伝わるわけです。

だからこそ、全ての言葉を相手にとって、

自分にとっても最良最善な言葉にしていきたいと想います。


宮崎には、『てげてげ』以外にも、様々な言葉があります。

私たちの祖先が、この土地で使い続けている言葉や、

この土地のリズムを、私は大切にしていきたいと想います。


宮崎には、様々な音があります。

日向灘から聞こえる波の音、霧島や、鰐塚山系、尾鈴山、九州山脈から聞こえる音、

木々が囁き合い、動物が伝え合い、命の音が天に響いています。

今日は、夕方、霧島方面に沈んでいく夕日を見て、

街や、森、大地を包んでいく壮大さに感動しました。


言葉も良いけど、そうした『音』や『色』を感じたいですね。


やっぱり、この土地が、好きですね~!


みんな、違っていい。てげてげ。


宮崎ライフ、もっと、深く楽しみたいですね!





同じカテゴリー(あかるいひとりごと)の記事画像
のされても、のしあがる人となれ!
上善水の如し
カブキもの。
君 子 不 器
グローカルな時代にこそ、大器晩成!
自由な主人公シイケイスケ
同じカテゴリー(あかるいひとりごと)の記事
 ブログが、お引っ越しすることになりました (2012-12-02 01:55)
 時に之を、儒学より学ぶ。 (2012-11-22 00:56)
 のされても、のしあがる人となれ! (2012-10-24 03:30)
 上善水の如し (2012-09-06 00:41)
 信念が強くなる。 (2012-08-03 02:41)
 カブキもの。 (2012-07-28 02:58)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
てげてげ人生推進!
    コメント(0)