モノラルHPへもどる

2011年03月23日

未来のための機会

こんばんは、シイケイスケです。

ご存知の方が大半かと思いますが、

今、私は、お店を休業し、

宮崎県に住む自分にできる事を行うことに専念して、

来るべく機会に備えて準備を進めております。

そうした、毎日において、一番感じることは、

『無心』で行動すると、『ご縁の扉が開かれる』です。

次から次に、大変素晴らしい方々との出逢いがあり、

その、ご縁と、このタイミングに、いつも本当に驚きます。

さらに、その方々のご意見をお伺いすることで、

学ぶことが多くありまして、

こうした機会に、大きな意味を感じております。


今日も、一つ一つ進展しました。

そうした中で、現地の状況も変化しているようです。

先見の明で、柔軟に対応したいと思います。


日々、変化する毎日に、

これから、先、どのように変化し、順応するか…?と言う見通しを立てておくことは大変重要です。



『子曰わく、人にして遠き慮(おもんばか)り無ければ、必ず近き憂い有り』

論語

意味:先々の事を考えて行動しないと、必ず、近々、困ったことがやってくるだろう



私は、口蹄疫から、新燃岳の噴火、鳥インフルエンザ、と、次々と起こる、

様々な事象と、今回の東日本での震災、福島第一原子力発電所での事故等も、

一連の繋がりと、危機感を感じておりまして、


そうした、先の見えない将来や未来の不安を憂うのではなく、

どのような出来事が与えられても、それを乗り越えていけるような自分自身であるために、

準備をすることに努めている最中であります。



なぜ、こうした機会が与えられたのか?と言う意味を、自分なりに解釈し、

次なる機会が、与えられる際の準備が、今、私に必要だと感じております。



そうした意味においても、今回の『東日本大震災』が、人事のようには思えず、

自分ごとのように感じると、

私たちの身近で大切な方々が困っている状況をどうにか解決できないものかと、

今までの経験、人脈、少なからずの資金を精一杯絞り出して、考動することが、

私にとっての準備です。

宮崎の暖かな気候、環境と、温かな人、美味しい空気と、美味しい食、

宮崎と言う素晴らしい郷土の全てが、

多くの困っている方々のためにお役にたてるのではないかと考えております。



人には、ひとそれぞれ、考え方や、得意分野があり、

それは本当に様々なものです。

そして、地域にも、特色や、地域性があり、

そうした、二つを結びつける、『ご縁』が成り立たなければ、

その二つは、相するものではないと思います。


そのためには、まず、『相手の気持ちになること』が大事なのではないでしょうか…。

もし、私たちの地域で、それが起こっていたなら…


想像力を働かせれば…もう、人事ではなくなります。

そうした天災が、偶然の出来事ようにやり過ごす事が、どれだけ不安な人生に繋がるかと思えば、

起こるべくして起こりえる出来事として、明日は我が身であるとして、

その、準備に努めることが尊いことであると私は考えます。

だからこそ、東北関東の被災された皆様と、この機会を分かち合い、

助け合い、これからの未来を、これまで以上に強く生きていきたいと、考えています。



現在、宮崎県では、地域ごとに、受け入れ態勢が進んでおり、

特に、日南市の油津や、南郷などは、

漁業にて、被災地の港と(気仙沼や塩釜、等々)深く関わりがあるということで、

そうしたご縁をきっかけとして、

宮崎に来ていただくなり、お役に立てるように、私たちにできること…準備を進めたいですね。


民間の私たちにできること、行政のお力で行えること…

お互いが相依り、このプロジェクトを遂行したいと考えております。

私たちのプロジェクトは、大好きな宮崎の地域と、

被災された皆様と、人と人との『ご縁つくり』から始まり、

各地域と人とのライフコーディネートができればと準備しております。


たくさんの皆様のお陰で成り立っております。

いつも、皆様方のご支援ご協力に心より感謝申し上げます。

多くの皆様のご協力本当に感謝感激いたします。




報告1・たくさんの物資が本日出発いたしました。

到着予定地は、福島県小野町です。

放射線が心配される福島県ですが、本日の観測は以下のとおりです。
物資が不足しているとの地元情報に準じて、こちらに配送予定していると報告いただきました。


皆様方のたくさんのご支援、心から感謝致します!


測定地点 小野町役場前
測定月日 平成23年3月23日(水) 0.29μSv/h(マイクロシーベルト/時間)
※胃のX線集団検診1回当たりの放射線量600μSv/回(マイクロシーベルト/回)
人体への影響  十分に安全基準内の数値です。ご安心ください。



この災害によって、県外から、宮崎に来られた方、又は、来られる予定がある方、

行政が行うことのできないご支援、相談等、

ぜひ、お受けいたします。

ご連絡下さい。


みんなのありがとうを届けようプロジェクト
minnari.info@gmail.com
09071644739
シイケイスケ

宮崎県では、現在、

宮崎県下公営住宅の受け入れ相談を行っております。


公営住宅124戸 
民間賃貸紹介(仲介手数料無) 

県土整備部建築住宅課:0985-26-7196(受付開始3/17~) 
http://bit.ly/iiVUYa


同じカテゴリー(愛と勇気と希望を稔らせよう)の記事画像
みんなのありがとうを届けようプロジェクト支援活動報告
みんなのありがとうを届けよプロジェクト 
happyisland REPORT 
なんのために生まれて なにをして生きるのか
一瞬の笑顔を分かち合おう
現地で感じたこと。
同じカテゴリー(愛と勇気と希望を稔らせよう)の記事
 みんなのありがとうを届けようプロジェクト支援活動報告 (2012-10-11 02:16)
 みんなのありがとうを届けよプロジェクト  (2012-09-11 15:02)
 happyisland REPORT  (2011-11-04 02:42)
 なんのために生まれて なにをして生きるのか (2011-09-25 05:54)
 一瞬の笑顔を分かち合おう (2011-09-20 19:11)
 いもくんないプロジェクト! (2011-09-15 04:40)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
未来のための機会
    コメント(0)