モノラルHPへもどる

2011年06月28日

省察(せいさつ)



みなさん、こんにちは~

更新が遅れがちですみませ~ん。



今日は、快晴ですね~

夏が来ますね。



みんなが、共通の意識を持って、

私たちの生活環境や、これまでの歴史、

いろいろなものを見直すことが、

より一層求められている氣がします。


それを、もっと、もっと、深く、自分自身を見つめなおすことを、

【省察】 (せいさつ)

と言います。


日本には、

昔から、とても偉い方が居ました。

ここで言う、偉い というのは、身分とか、肩書きではなく、

【徳】の高い方々のことを言いますよね。



その偉い人の一人に、

【佐藤一斎】という方がいて、

その方の言葉に、


人須(すべか)らく

自ら省察(せいさつ)すべし。

天 何が故に我が身を出生する、

我をして果たして何の用に供せしむる。

我 既に天物なれば、必ず天役有り。

天役供せざれば、天咎必ず至る。

省察して此に到れば、則ち我が身の苟(いやし)くも

生くべからざるを知る。



という言葉があります。



僕は、この言葉が、何を伝えようとしているのかを、

いつも考えていました。

そして、

私たち、一人ひとりには、天に与えられた役割が必ずあると考えるようになりました。




野菜にも、昆虫にも、どんな生き物にも、ありとあらゆる万物に、

与えられた役割があります。


しかし、野菜や、昆虫、人間以外の動物は、

それを意識せずとも、

本能で、それらを形成し、お互いに成り立っていくところに、

自然の偉大さがあるのに対して、


人は、それらを、意識し、節度を持って関わっていかなくては成りません。



だからこそ、人間は、

いつも、自らを省察(せいさつ)することが大切で、

自分自身が与えられた役割とはなんだろうか?

と言う答えを見出していくところに、

私たちの豊かな目的があるように思います。



いつも、自分自身を省察し、

人間と言う役割、

自分と言う役割、

様々な役割を全うできる自分になりたいと思います。



今日も、いろんな人と出逢い、勉強します!!


同じカテゴリー(あかるいひとりごと)の記事画像
のされても、のしあがる人となれ!
上善水の如し
カブキもの。
君 子 不 器
グローカルな時代にこそ、大器晩成!
自由な主人公シイケイスケ
同じカテゴリー(あかるいひとりごと)の記事
 ブログが、お引っ越しすることになりました (2012-12-02 01:55)
 時に之を、儒学より学ぶ。 (2012-11-22 00:56)
 のされても、のしあがる人となれ! (2012-10-24 03:30)
 上善水の如し (2012-09-06 00:41)
 信念が強くなる。 (2012-08-03 02:41)
 カブキもの。 (2012-07-28 02:58)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
省察(せいさつ)
    コメント(0)