モノラルHPへもどる

2012年08月03日

信念が強くなる。



信念とは

最善のみを心に抱く状態をいう。


それを育み

それに集中し

それを強調し

それを映像化し

それを祈りにし

それに取り組め

そうすれば、宇宙(神)のちからによって
助けられた想像的な心の力が

最善を生み出す。


中村天風



久しぶりに、中村天風先生の言葉を思い返します。

天風先生は、寝がけに、【 信念が強くなる 】といって、自己暗示をかけて寝られていたそうで、

起きたときには、【 信念が強くなった 】と自分に言い聞かせ、自己暗示という方法を使って、

とてつもない信念を生涯にかけて創造されました。

天風先生の、言葉の一つ一つに、信念を感じるのは、そのためです。

明治37年、日露戦争が勃発し、多くのスパイが活躍した中の一人。

100人以上のスパイが最前線に送り込まれ、生きてかえってきたのは、7名、そのうち、

一番元気だったのが、天風先生だったという。

しかし、日露戦争終結の翌年に、奔馬性結核という当時でいう死を意味する病にかかる。

どうして、戦争で、怖いもの知らずの強氣な自分が、病にかかって弱々しくなってしまったのか?

心のよりどころがないままに、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、と世界を転々としながら、

かつての元気で、強気な自分自身の甦りを求めて、旅をするが、求めているものに出逢えず、

どうせ、死ぬなら日本の土になろうと決意し、帰国するために乗船した船で、

ヨガの聖者カリアッパ氏に出逢い、インドの山奥、カンチェンチェンガ山の麓で2年近く修行し、

奔馬性結核を克服し、様々な氣付きに目覚め、日本に帰国し、中村天風として、財団法人天風会として

人の生きる道、人生哲学、健康や長寿法、様々な哲学を世に送り出した。

天風先生のことについては、とてもじゃないですが、書ききれません。

20代前半に、天風先生の言葉と出逢い、様々な事を導いてくださいました。


【信念】を強く持つ事の重要性は、天風先生が強く強調される事の一つです。


信念という言葉の意味をまず、理解する事が先ですが、

最善のみを心に抱いた状態を、常に心がけ、意識する事は、

言葉で言う事は、簡単ですが、とてつもなく重要な心構えです。


改めて、【 信念 】を強く持ち、 自己暗示という方法を使ってでも、

信念の強い、人間に成りたいと思います。


皆様と、もっと、もっと、お話したいですね^^

いつもありがとうございます^^



人は万物の霊長として、

宇宙霊のもつ無限の力と結び得る奇(く)しき働きを持つものを

吾が心に保有す。

かるが故に、

かりにも真人たらんには、

徒(いたず)らに他に力を求むる勿れである。

人の心の奥には、

潜在勢力という驚くべき絶大なる力が

常に人の一切を建設せんと

その潜在意識の中に待ち構えて居るが故に、

如何なる場合に於いても

心を虚に 氣を平らにして

一意専心この力の躍動を促進せざるべからず。


中村天風


同じカテゴリー(あかるいひとりごと)の記事画像
のされても、のしあがる人となれ!
上善水の如し
カブキもの。
君 子 不 器
グローカルな時代にこそ、大器晩成!
自由な主人公シイケイスケ
同じカテゴリー(あかるいひとりごと)の記事
 ブログが、お引っ越しすることになりました (2012-12-02 01:55)
 時に之を、儒学より学ぶ。 (2012-11-22 00:56)
 のされても、のしあがる人となれ! (2012-10-24 03:30)
 上善水の如し (2012-09-06 00:41)
 カブキもの。 (2012-07-28 02:58)
 君 子 不 器 (2012-07-25 00:59)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
信念が強くなる。
    コメント(0)